中古マンション購入とリノベ、ライフプランニングをワンストップで!

リビングやキッチンの窓から見える木々が、季節の移り変わりをそっと教えてくれます。
杉並区にある90平米超の中古マンションを購入し、リノベーションをしてお住いのR様に、インタビューをしてきました。

3月下旬お問い合わせ→4月上旬/ライフプランニング→7月末契約→9月中旬引渡→10月下旬リノベ終了
ゼロアパで内見した物件数→5件


img_a_pic02


――― ライフプランニング、中古マンション探し、リノベーションと弊社ゼロアパのお勧めする3点セットをフルにご活用いただきました。
中古マンション購入を検討されたきっかけは?

賃貸に住んでいるのはもったいないな、持家が欲しいなという気持ちはずっとありました。
一人暮らしの時に埼玉の方に物件を購入したこともあったんです。
ただ、結婚してからは、妻の実家の近くの方がいいというのもあって、都内で探していたのですが、なかなかいい物件がなくて、ひとまずの仮住まいとして賃貸に住んでいました。

――― 中野のリノベーション済み物件の内覧について、メールでお問い合わせをいただいたのが最初でしたが、ゼロアパにお問い合わせいただいたきっかけは?

インターネットで、その中野の物件を調べていたら、ゼロアパさんを発見しました。
「より道 ちか道 散歩道」や「本棚」、「いいっ!マンション」といったコンテンツが不動産屋さんっぽくなくて(笑)
不動産屋さんなのに、なんでお散歩とか書いてあるんだろうとか、いいマンションや本棚なんて、一体どんな会社なんだろうって興味を持ちました。
仲介手数料が無料や割引になるって言うのも魅力でした。
面白そうな会社だし、中野の物件を見せてもらおうと思ってメールしてみました。

――― 初めてお会いしたのが、昨年の3月。
その中野の物件をご案内させていただいた時でした。
その時は、4,000万円台前半で70平米超の物件をお探しと伺いましたが、その条件はどのようにしてお決めになったのですか?

実は、当初は50㎡で探していたんです。
50~55㎡位で検索していました。価格も3,000万円台前半だったんですよ(笑)
インターネットでいろいろな物件を探している間に、段々と価格も広さも上がって行ったんです(笑)
その時は埼玉のマンションもあったので、そんなに多くは借りられないだろうというのもあって。

――― 現地で初めてお会いして、いろいろとお話を伺いながら、私が半ば強引に、ライフプランニングをお勧めしたのでしたね(笑)
『なかなかいい物件がないなぁなんて思っていたら、まずはライフプランニングからですよ!』って。
ライフプランニングって、どうしても保険が関わってくることでもあるので、ちょっと怪しまれるかなぁなんて、内心恐る恐る勧めてみたのですが、やっぱり怪しいですよね(笑)

そういうイメージはあるかもしれませんね。
でもあの時は、新婚でしたし、ライフプランニングに興味があって、まぁやってみようかなって感じでした。
無料ということもあって、もやもやしてものがクリアになるならいいかなと。

――― 実際、ライフプランニングはいかがでしたか?

よかったです。
今まで、もやぁ~っとしていたこと、自分のやりたい事であったり、資金の事であったり、ざっくりと出来るかな出来ないかななんて思っていたことが、きちんと整理できて、「こうすれば出来そうだぞ」というのが見えました。
保険や年金など、自分の知識だけでは限界があるところを、専門的な知識をお持ちの方に相談することで、ぶれずに二人で話し合いながら、きちんと前に進めることができました。

もともと興味があったリノベーション費用も考えて、安心して借りられる住宅ローンの額や、毎月家に掛けても安心できる額(ローン返済+管理費+修繕積立金の合計)の上限も分かったのが良かったです。

家を探している友人にも、買う前にライフプランニングをやった方がいいよ!って勧めているんですよ(笑)。


img_a_pic03


――― ライフプランニングを終え、物件探しを再開しました。
最初にお会いした時は、リノベーション済みの物件だったこともあり、特にリノベーションについてはお話しされていませんでしたが、なんとなくリノベーション前提になっていったような気がしましたが、何かターニングポイントがあったのでしょうか。

当初は、リノベーションについては、あまり考えていませんでした。
リノベーションって、スケルトンにするものだと思っていたので、費用がかかって大変そうだなというイメージがあったので、クロスを貼り替えたり、部分的に直せば住める物件を探していたように思います。
壁を抜いて間取りを変えたりとかは、あまり考えていませんでしたね。
興味がないって言うより、そういう意識がありませんでした。
ゼロアパさんにご紹介いただいた、エム・デザインの藤原さんに、いくつかの物件の内覧に同行いただいて、実際に現場を見ながら、どういった事ができて、どういった事が出来ないというお話を聞くうちに、リノベーションを身近に感じるようになりました。
「スケルトンにしなくてもいいんだ」とか、「私たちの希望するリノベーションの費用の目安」だとか、「どの壁が取れる」、「どういう構造だとキッチンが動かせる」といった事が分かってきたのも大きかったです。

――― 藤原さんに内覧同行していただいて、リノベーションの見積もりも出て、では購入しようということで購入申込をした物件が、後から申込んだ現金での購入希望者に取られてしまうというアクシデントもありました。
かなり落ち込む出来事だったと思いますが、、、

そうですね。少し落ち込みました。ただ、今までも一年位探していましたし、不動産は縁物とも思っていたので。
四方田さんが、「きちんと探している方は、必ずいい物件に出会えますよ」って言ってくれたのもよかったです。

――― そんなアクシデントがあって、2件目位に今のお部屋を見に行きました。
とても汚かったですが、気になりませんでした?

リノベーションを意識してからは、内装よりも変えられない立地や環境を重視していましたので、気にならなかったです。

――― 市場に出てから半年くらい経っていた物件でしたね。当初の価格は4,800万円位で。

売却開始当初から、この物件は知っていました。
この辺りに90平米超の物件もあるんだね、でも予算外だねなんて二人で話していたんです。
四 方田さんに紹介されたときは、4,000万円以下になっていましたし、その前の、他の方に取られてしまった物件で、リノベーションについて、藤原さんから 現地でいろいろとお話を伺ったり、プランを作ったりしたのが楽しかったので、だったらここでもやってみようかなって感じで見に行きました。

――― なるほど、ではあのマンションで、リノベーションの見積もりやプラン作りをしたのが活きてきたんですね。

そうそう、あれでリノベーションへの意識が高まって、室内の状況よりも、立地環境に目を向けるようになりました。

――― 売主の業者さんも言っていましたが、半年位残っていたのも、室内の状態の影響もあったそうです。
内覧にいらっしゃっても直ぐに帰ってしまうということもあったみたいですよ。

私も主人も、実家はマンションで、引っ越した時のがらんどうの状態を見て、ああ、マンションて箱なんだなぁという意識はもともとあったかも。そういう体験もあって、箱として見ることができたのかもしれません。

――― 再度藤原さんに同行していただいて、見積もりとプランを作成し、販売価格から約400万円減額した額で申込をしてみました。
大幅な減額交渉でしたので、受け付けてもらえるかどうか分かりませんでしたが、やってみましょうかという感じでしたね。

ライフプランニングをやっていたおかげで、それ以上は無理かなという金額もはっきりしていたので、駄目なら次を探そうという開き直りのようなものもありました。

――― おかげで私も先方に強く交渉できました(笑)もうそれ以上は無理だ!って。
ほぼ希望通りの価格でまとまった時は、内心驚きましたよ。


img_a_pic04


――― 中古マンションを買ってリノベーションをする方が最近増えてきています。
リノベーションについては、いろいろな情報がありますが、中古マンション購入と絡めると、どう進めていったらよいか分からない事や不安な事も多かったと思いますが、いかがでしたでしょうか?

そうですね。最初の最初はリノベーション自体も、どういうものかが分からずにいましたし、意識してからは不安な事もありました。
でも、物件探しの段階から、リノベーションの担当の方に内覧同行いただいて、実際に物件を見ながら、どういう事ができるのかとか、設備や構造についても、分かりやすく説明していただけたのが良かったです。
購入するまでの流れと、購入してからリノベーション完成までの流れも、仲介担当のゼロアパさんと、リノベーション担当のエムデザインさんが連携をとって下さっていたので、全体の流れも、前もって認識しておくことができました。

――― 当初考えていたイメージと、期間や金額で違うなというのはありましたか?

最初の内覧同行で見積りを出していただいて、そんなに掛かるのかなというのもありましたが、クロスを張替るにしても、下地補修まで必要ということは分からなかったので、説明を聞くと、なるほどというのはありました。(奥様)

僕は、スケルトンで1,000万円のイメージでしたので、雑誌に出ているのも大体1,000万円位でしたし、それが、600万とか700万円とかで出来るんだって、意外と安くできるんだなって思いました。(ご主人様)

――― スケジュールについては、物件の引渡しを受けてから直ぐに工事を開始する場合は、売買契約から引渡の間にいろいろと決めなければいけないということは、事 前に分かっていましたが、私たちの場合は、売主様のお引っ越し先の事もあって、2ヵ月程あったので多少ゆとりはあったのかもしれません。
それでも管理組合への届出や材料の発注のスケジュールを考えると、大体1ヶ月位でしたので、やっぱりちょっとバタバタしてしまいましたね。


img_a_pic05


――― 内装のイメージはどのようにしてお決めになったのですか?

リノベーションを意識してからは、雑誌見ながら、ナチュラル系がいいねとは話していました。
レンガやタイル、赤いクロスとかは、この部屋のプランからですね。
タイルについては、南欧の手焼きのタイルをイメージしていて、藤原さんから紹介していただいたタイル屋さんに行ってみたりもしました。
かなりの種類のタイルがあるので、何時間もお店で見比べて、そのうち店員さんにもほっておかれて(笑)

――― 寝室の壁をご自身で塗りましたね。

楽しかったです!
ほぼ1日かかって大変ではありましたが(笑)
午前中に1回塗って、お昼に乾かして、午後もう1回塗りました。
ああ、塗装屋さんて大変なんだなぁって、よく分かりました。
マスキングテープを貼るのも大変でした。綺麗にむらなく貼るのは、特に難しかったです。
でも、やってよかったです。
自分のものとして愛着湧きますね。俺が手を加えたぞ!って。
藤原さんに、スケジュールを合せてもらえてよかったです。

――― これから中古マンションを購入して、リノベーションをお考えの方に、アドバイスをお願いしてもいいですか?

リノベーションを前提に中古マンションを探すなら、古い内装をそのまま見てしまうと分からなくなってしまうので、どういうことができるのかという事を重視して、箱としてみることをお勧めします。
あと、立地ですかね。これは変えられませんから。

――― 奥様は女性の視点からお願いします。

リノベーションについてのアドバイスではありませんが、中古マンションを探している時に私が重視したことですが、毎日そこに帰ってくる人のイメージを大切に、彼が帰ってくるのを楽しみにしてくれる物件を選ぶことだと思います。
私が気に入っていても、主人があれ?って思っていたら止めた方がいいかな。


img_a_pic01

PAGE TOP