文化人にも愛される町 柳橋リバーサイドマンション

prev
next

浅草橋駅からほど近い柳橋に、なかなか風情あるマンションを見つけましたので早速取材に行ってきました。

柳橋といえば、江戸時代中期のころから花街として良く知られ、橋のほとりには船宿が数多く並び大変な賑わいでした。
幕末・明治以降も花柳界として名高く、夏には両国橋を中心に大川で花火が打ち上げられていたようです。

春の夜や 女見返る 柳橋

正岡子規が詠んだ句です。5.7.5の短い句でこんなにも想起させるのは、句人もすごければ、町が書かせたと言えるかもしれません。

このように、柳橋は文人たちに度々取り上げられて、山本周五郎や池波正太郎、藤沢周平などの時代小説をはじめ、映画やドラマの舞台にもなり、今でも江戸の雰囲気を感じられる町です。

さて、柳橋に茶色いタイル張りの、なんとも雰囲気がいいマンションがあります。それが、今回ご紹介する、柳橋リバーサイドマンション。

リバーサイド。
その名の通り、隅田川と神田川ビューです。

個人的には、船宿や料亭がある神田川を、気持ちよく眺められる景色をとても気に入りました。

「町に住むということは、その土地の歴史も含めて住む」ということ。そのように思わずにはいられませんでした。
もちろん隅田川側のビューも都会的で好きです。特に夜はきれいでしょうね。
書いてて思いましたが、現在と過去が混在するようなイメージだと思います。一度に二度おいしいお部屋かもしれません。

きっと好きになりますよ!

さて、お部屋は、スケルトン状態からフルリノベーション済み。
「ジャパニーズモダン」をイメージした内装です。ところどころにエコカラットを用いたり、洗面所のタイルにセンスが光ります。
バルコニーに洗濯物を干すことができないので、室内干しができるユーティリティがあります。

マイナスポイントとしては、ランニングコストが5万円弱。平均よりも高めといえるでしょう。
ただ、エントランスはオートロックで、しかも静脈認証。去年時点で修繕積立金も7000万円程度貯まっており、管理体制もとてもよさそうです。

マンションを後にして、両国橋からマンションを眺めてみました。
これがとても良いのです。スカイツリーもばっちり眺められるし、総武線の往来とか、広い空間で飛んでいる鳥とか。
「う~ん、隅田川!!」って感じで。

抽象的な表現が多いですが、伝わりますでしょうか(笑)

とりあえず、一度ご覧ください。きっと、感じるものがあると思いますよ。


備考 ■エントランス指紋認証
■隅田川・神田川ビュー
■日当たり・眺望良好
■角部屋
設備 システムキッチン、ユニットバス、浴室乾燥機、洗面台、ウォシュレット、エコカラット、電気温水器、エアコン
特記事項
登録日 平成29年1月16日 引渡時期 即時 取引形態 媒介
物件種目 中古マンション
所在地 東京都台東区柳橋1-1-4
価格 掲載を終了しました。
専有面積
間取り
築年 昭和53年10月
最寄駅 総武線・中央線・浅草線「浅草橋駅」徒歩5分
構造 SRC・RC造
階/階建 4階/10階建
管理費
修繕積立金
その他費用
管理会社 東急コミュニティ
施工会社 鹿島建設
分譲会社
土地権利 所有権
棟総戸数 37戸
現況
  • この物件について問い合わせる
  • お気に入りに追加
  • 印刷する

■物件のお問い合わせ

いただいたお問い合わせにつきましては、原則メールにてご返信させていただきます。

※すべて半角英数で正確にお願いします。
※半角入力(例)03-0000-0000

中古マンションを探す

エリア

広さ

価格

フリーワード検索

ざっくり探す

閲覧履歴

閲覧履歴はありません。

お気に入り

現在お気に入りはありません。

トピックス

PAGE TOP