専用庭付きのヴィンテージマンション、シャンボール第2都立大

prev
next

東横線「都立大学駅」から歩いて4分。大蔵屋分譲のヴィンテージマンション「シャンボールシリーズ」のひとつ、シャンボール第2都立大です。

以前ゼロアパで紹介しました、シャンボール池田山も同じシリーズです。シャンボール池田山をご覧になられた方は、デザインの違いに気づかれたかと思います。

白い外壁に、モルタル装飾、偽柱、少し膨らみのある格子のバルコニーといった洋風の少し派手なデザインのシャンボール池田山に比べ、こちらは、全面赤いレンガ調タイル張りという、カチッとしたデザイン。

シャンボールシリーズは、昭和40年代と50年代でデザインを一新したようですが、時期的に、昭和50年に竣工した前川國男設計の東京都美術館新館に影響を受けたのかな?なんて勝手に想像してみました。近くにあるシャンボール都立大は、昭和46年築で、池田山と同様のデザインです。

設計・施工は、黒川建設とありますが、あのシャトーシリーズの黒川建設でしょうか。シャトー三田やシャトー東洋、シャトー東洋南青山など、デザイン性に富んだ、いまでもヴィンテージマンションとして人気の高いマンションを造った会社です。

道路との境界に煉瓦塀を、建物と道路の間に前庭を造った、ゆとりのある配置。道路からすぐに建物ではなく、少しであってもアプローチのある配置って、ゆとりを感じていいですね。正面に管理人室を見て、階段を少しずつ下がりながら近づいていく雰囲気が好きです。

マンションのサインには、シャンボール定番の昭和レトロで、純喫茶に使われていそうなフォントで「シャンボール」。外観は変わっても、フォントは変更なしです。

エントランスドアは、オートロック。エントランスホールで見返して、アーチの窓が2つ並んだ景色も雰囲気があります。

内装は、給排水管まで交換したフルリノベーション済み。クロスやフローリングの張替はもちろん、キッチンや浴室、トイレといった水回りの設備もすべて交換した、まるで新築のような内装です。
リビングの先には31平米の専用庭があります。取材時は手入れがされておらず、草がボーボーでしたが、きちんと手を入れれば、飛び石の小路もあり、いい庭になりそうです。その先も空地になっていますので、圧迫感はありません。

南向きで角部屋の、風が通る陽当たりのいいお部屋でした。


備考 ■南向き・角部屋
■日照良好
■専用庭(31.44平米)
設備 システムキッチン、追い焚き給湯、浴室乾燥機、ウォシュレット、TVモニター付きインターホン、二重サッシ、専用庭
特記事項 ■内装フルリノベ―ション済み
登録日 平成28年5月30日 引渡時期 即可 取引形態 媒介
物件種目 中古マンション
所在地 東京都目黒区中根2-15-24
価格 掲載を終了しました。
専有面積
間取り
築年 昭和52年3月
最寄駅 東横線「都立大学駅」徒歩4分/東横線・大井町線「自由が丘駅」徒歩15分
構造 RC造
階/階建 1階/6階建
管理費
修繕積立金
その他費用
管理会社 秀栄興産
施工会社 黒川建設
分譲会社 大蔵屋
土地権利 所有権
棟総戸数 68戸
現況
  • この物件について問い合わせる
  • お気に入りに追加
  • 印刷する

■物件のお問い合わせ

いただいたお問い合わせにつきましては、原則メールにてご返信させていただきます。
電話でのご返信を希望される方は、『お問い合わせ内容』の欄に、ご連絡先の電話番号をご記入ください。

※すべて半角英数で正確にお願いします。
※半角入力(例)03-0000-0000

中古マンションを探す

エリア

広さ

価格

フリーワード検索

ざっくり探す

閲覧履歴

閲覧履歴はありません。

お気に入り

現在お気に入りはありません。

トピックス

PAGE TOP