IKEAを使ってオフィスにリノベーション

実用的なのかそうでないのか、すべては使い方次第。
オフィスにも遊び心を!からやってみたリノベーションです。

prev
next
面積 45.71平米 設計料 無料
築年数 築40年 施工費 約300万円
施工期間 1ヶ月弱    

仕事している時の自分と、遊んでいる時の自分って分ける必要ない。
そんなに人間って器用じゃないし。

物件は青山物産のオフィスもある、南青山のヴィンテージマンション。
1階という、エレベーターを使わなくてもいいメリットを活かして、戸建的な発想で造ってみました。

物件を3つの箱(HACO)にわけました。
スタジオ→HACO1
バックオフィス→HACO2
バルコニー→HACO3

スタジオは機能的な空間で広いワンルームのスペースがいい。
収納とオフィスの顔になるような、青い箱をランダムに散りばめました。
天井は抜いて開放感を出し、コンセントの数を最大限に増やして、機能性を考えました。

バックオフィスのコンセプトは、「見られたくないけど見られないのも寂しいから、見られたら見られたでそれもまた。でも結局は見てほしいかも。」的な。。(笑)
来客があると、トイレは使うので目線はそれなりに色々なところに行くのも事実。手は抜けません。
シャワースペースだったのを収納スペースにして、棚を造作。
コストを抑えるため、IKEAと無印良品を活用しました。

バルコニーは一番こだわりました。
緑とテーブルと椅子をおいて一息つける安らげる空間に。
仕事が進んだり、アイディアが浮かんだりするのってデスクじゃないですよね。
一息つきながら、仲間とコーヒーを飲みながらリラックスしている時だったり。
造作をきっちり施しまして、安らぎ空間を造りました。
また、玄関から入った時の目線はまっすぐバルコニーに向かいますので、その時に木と緑があると、「自分の基地に帰ってきた」という何とも言い難い落ち着きがあります。

これらの箱(HACO)が三つ組み合ったオフィスが南青山にあります。

PAGE TOP