不動産投資におけるリノベーション 秀和代官山レジデンス

投資用で購入した物件ですので、誰かに貸すことを目的としたリノベーションです。
エリアやマンションの特徴、どのような入居者なのかを想定し、入居者のニーズをくみ取り、更に、コストパフォーマンスを考えたリノベーションが求められます。

prev
next
面積 38.7平米 設計料 無料
築年数 築40年 施工費 140万円
施工期間 15日間    

青山物産で賃貸管理しているお部屋で、リノベしてバリューアップしよう!ということで投資家から依頼されたリノベーションの事例です。

投資用で購入した物件ですので、誰かに貸すことを目的としたリノベーションです。

エリアやマンションの特徴や、ターゲットとなる入居者のニーズをくみ取った内装に仕上げていく必要がありますので、コストをかけて造ればいいという訳にはいかず、コストパフォーマンスを考えていく事が必要となります。

・キッチンにはダイノックシートを採用
キッチンごと換えるとコストアップしてしまうので、ダイノックシートを使ってキッチンの表情を変えました。
ダイノックシートとは住友3M社が規格した商品で、木や石などの素材に近づけた硬質塩ビの、粘着剤付き印刷化粧フィルムです。表面に凹凸の加工を加え、本物の木や石のような手触りのものもあります。キッチンは古くても機能的にはまだまだ使えましたので、扉や引き出しにダイノックシートを貼り、雰囲気を変えてみました。

・Farrow&Ballで壁をペイント。
仕上がりの美しさが世界中のクリエーターから絶賛されている、英国ファローアンドボールペイント。日本家屋の色調にもマッチし、漆喰壁・壁紙(ビニールクロス)の上にも塗れるのが特徴です。

・床は既存のフローリングの上からフロアタイルを敷きました。
コストを下げるためにフローリングの上から、無垢プリントのフロアタイルを採用しました。 「えっ!これプリントなの?」と、初めて見る方は必ず驚きます。

・空間のポイントとなる棚には古材を利用。 空間のイメージとマッチするように、アクセントとして古材で棚を設置しました。

PAGE TOP