木の息吹を感じる部屋。施主支給と一部既存利用でコストダウンに成功!

アカシアの無垢フローリングとコテージドア、白いペイント壁、ブロックガラスがバランスよく収まり、爽やかなカントリー調なお部屋になりました。
築10年のマンションで、室内の状態が良く、部分的なパーツ交換で済むところもあり、リノベコストを抑えることにも成功しています。

prev
next
面積 78平米 設計料 無料
築年数 築10年 施工費 417万円
施工期間 約1ヶ月半    

リビングのガラスドアとウォークインローゼットへのコテージドアは、
二子玉川のアンティークショップ「パイングレイン」で購入したもの。

パイングレインは、初めてお二人とお会いした物件内覧の後に、マンションや町についてお話ししたいと思い、お連れしたカフェに併設していたお店です。

その時からずっと気になっていたと聞き、嬉しくなりました。

一緒に物件を探し内覧していく時間は、ただ新しい物件情報を提供し見て廻るだけではなく、お客様と私たちの、お互いの意識を近づける大切な時間なんだなと改めて思いました。

リノベーションについて奥さまのご要望は、ウォークインクローゼットを作ること。
リビングと寝室の間に3.5帖のスペースを作りウォークスルークローゼットとしました。

明かりとりに、壁の上部にブロックガラスを埋め込んでいます。

アカシアの無垢フローリング、コテージドア、キッチンは施主支給。
キッチンはIKEAで購入し、工事のスケジュールに合わせて配送してもらいました。

リビングの本棚は、ご主人と奥さまの合作。棚の高さを変えられるガチャ柱を採用しています。

玄関正面に作ったフリースペースは、ご主人の趣味部屋に。
壁は、奥さまとお友だちで塗装しました。

PAGE TOP