賃貸か持ち家か 人口減少で購入はリスクが高い!?

これからの日本は人口がどんどん減っていく傾向に。物件も余剰気味で、価格が下がるはずだから、今、家を買うなんて有り得ない。

賃貸物件であればいつでも好きな場所に住める。もしも、地震などの自然災害が来ても自分の家ではないから何かあれば引っ越せば良い。

同じ会社に何十年も務める勤める時代じゃないし、身軽な賃貸暮しが自分には合っている。

メディアに出ている若いクリエイターも、賃貸派が増えてきている。

賃貸派の方から実際に伺った、賃貸を選ぶ理由の一部です。

おっしゃる通りで、何も間違ったことはないと思います。
かくいう私も以前は断然「賃貸派」でした。近い将来、大震災が来ると言われて久しいうえに、昨今の人口減少。不動産が売れなくなる可能性も視野に入れると、どうしても、購入して資産を持つことのリスクを考えていました。

その私が購入に踏み切ったのです。もちろん、購入した今でも買う事が絶対とは思っていません。それでも購入をしたのは、私にとって、家を持つことの方がよりメリットがあったからです。とはいえ、誰しもに当てはまる訳ではありません。そう、例えば以下のような状況の方は慌てて購入を考えなくても良いのでは?と思います。

・転勤が多い職場。この先も転職をする可能性が低い
・会社から家賃補助があり、賃貸物件に少ない負担で住むことが出来る
・実家があり将来は実家に戻る予定
・被災などに対する不安が大きく、購入後に心労や不眠など精神的支障がでるかもしれない

家の購入は、その後の暮らしをより良くするためのもの。上記のような方々の場合は、購入よりも、賃貸の方が金銭的にも精神的にも安定するかもしれません。家を買うという行為が不安材料となり、いろいろな負担が増してしまう方は、そもそも買うべきではないです。

結局どちらがいいかは人それぞれ、そしてライフスタイルによっても異なります。
考え方のポイントとしては、「どちらがより安心して今後の生活が送れるか」だと思います。

そして、「賃貸派が増えているから」とか「賃貸が今の最先端だから、そうしよう」などと世論や世情に流されてしまうこと、あるいは、購入すれば資産として必ずプラスに残ると断定してしまうことなどはどちらも避けるべきです。自分の意志や意見がないことも、逆に、頑固すぎるのも決して良いことではありません。時代や状況に応じた情報や信頼できる資産パートナーなどの意見を常に敏感にキャッチし、ご自身のライフスタイルに適切なものをご自身が考えることが大切です。

先日、車を運転しながらラジオを聴いていた時の話です。賃貸と持ち家、どちらが良いかという話題で、ある方が、私と全く同じ考え方にもかかわらず、賃貸派代表の意見として述べていたことに驚いてしまいました。

考え方は同じなのに、結論は全くの真逆、面白い結果ですね。

その方がおっしゃっていたのは、色んな働き方がある今、購入して場所に縛られるよりも、賃貸で動きやすいほうが合っている。
また、今後人口が減り、不動産価格は下落して空き家も多くなる。そうなると賃料も下がり、今購入するよりも安く住めるようになる。
ただ、今後も不動産価格が上がる、または下がりにくい場所であれば買っても良い。

もう、本当に全くの同意見です。働き方によって賃貸の方が都合の良い人はいますし、空き家が多くなれば、賃料も安くなります。ただし価値が下がりにくい場所であれば、買った方が得です。

つまり今後も人口の増加が見込める場所であれば、購入するのもありだと賃貸派の方も分かっているということです。
資産価値が上がるような良質な資産であれば、私は喜んで持ちたいですし、逆に価値がなくなる物であれば、持ちたくありません。

結局のところ、賃貸か持ち家か、答えは自分の中にしかありません。他人が決めるものでもないです。

何に不安を感じ、何に安心するのか?どんな暮らしがしたいのか?

どちらが自分にとって良いのか、判断ができないという方はライフプランニングを行って、家だけでなく、様々なライフイベントから整理してみると良いと思います。

■ゼロアパライフプランニング
https://www.zeroapa.com/lifeplanning/

小倉俊二郎

小倉俊二郎

投稿者プロフィール

■私の考え方・価値観
居住用・投資物件に限らず、よくお客さまから良い物件があれば、ご紹介頂けますか?とお願いをされます。

そこで私がいつも考えるのは、その方の今後の生活や暮らし方です。
良い物件とは本当に人それぞれですし、タイミングによっても異なります。状況によっては、今はまだ買わないほうが良いことだってあります。

■不動産・投資その他
・2019年 マイホーム購入
・老後の目標不動産収入 月30万円
・株式投資・外貨・積立保険・自宅投資
・住まいは東京都世田谷区
・既婚
・趣味は野球 ※早朝野球チームに入っています
・英語が少し話せます

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 多くの方々から質問を頂く、耐震についてお話したいと思います。 既に耐震診断を実施済みのマンショ…
  2. 中古マンションを購入される方々から様々な質問をいただきます。中でも築年数の古い物件の場合は「マンショ…
  3. 東京都の港区や渋谷区等は、土地が限られているため、新築マンション建築戸数が少なく、流通している中古マ…
  4. 中古マンションを購入して室内をリノベーションしたいけれど、リノベーション向きの物件が少なくて、困って…
  5. あなたは、どのようにして家にかける予算を決めていますか? 同僚が○○○○万円くらいの家を買った…

話題をチェック

  1. 2020-7-19

    中古マンション探しのポイント マンション寿命

    東京都の港区や渋谷区等は、土地が限られているため、新築マンション建築戸数が少なく、流通している中古マ…
  2. 2018-11-12

    共働きの場合どうする?マンションと戸建てどちらを選ぶべき?

    将来を見据えて家を購入する際、マンションと戸建、はたしてどちらを選ぶのが良いのでしょうか。一般的には…
  3. 2019-1-8

    家賃とローン返済の違いについて考える

    住宅ローンと家賃について比較している記事はよく見かけますが、単に額の差についての説明のものが多いよう…
中古マンション購入+リノベーションはじめの一歩は知識が豊富なファイナンシャルプランナー探し
ページ上部へ戻る