文京区

January 22, 2013
written & photo  by 小倉 駿二朗

下町情緒が残る町、歴史的な建物が残る町、坂の多い町、お寺さんが多い町など東京の中で古き良き時代の面影を色濃く残す谷中を歩いてきました。
谷根千(やねせん)の愛称でご存じの方も多いかと思います。

因みに谷根千(やねせん)と呼ばれるようになったのは1984年に創刊された谷中・根津・千駄木という地域雑誌を地元の方々が略して谷根千(やねせん)と呼ぶようになったからだとか。

写真は谷中銀座商店街です。
お肉屋さんのメンチカツ等が有名で休日ともなれば多くの方が訪れ、店先でメンチカツを食べながらビールを飲んだり写真を撮ったりと、思い思いに楽しんでいます。

谷中銀座商店街

猫まち


谷中は猫が多い事でも知られています。
特に「夕やけだんだん」と呼ばれるだんだん階段周辺で暮らす猫達が多く、のら猫達の様子を10年にもわたって記録した「谷中のら猫ラプソディー」というドキュメンタリー映画が作られた程です。

また、谷中銀座商店街のシンボルフラッグにも猫がかかれており、商店街を注意深く歩いているとお店の軒先の屋根に乗った猫を見つける事が出来ます。

谷中には「猫カフェ」や猫専門雑貨店、招き猫専門店など猫にまつわるお店も多くありますので、猫好きな方は是非散策してみて下さい。

ねこまち

坂のあるまち谷中


三崎坂(さんさきざか)に蛍坂、紅葉坂に七面坂(しちめんざか)・・・などなど有名な坂が多く、坂好きな事でも知られるタモリさんも通ったのではないでしょうか。

写真は富士見坂です。
東京23区には24ヶ所を超える数多くの富士見坂がありますが、その中でも谷中の富士見坂は有名です。

それは数多くの中で最後に残った東京で実際に富士山が見られる富士見坂だからです。
天気が良く、空気が透き通った日なら見れるかも。

富士見坂