October 8, 2011
written& photo  by 小倉 駿二朗

浅草寺・雷門
浅草寺は東京都台東区浅草二丁目にある東京都最古の寺。「浅草寺縁起」などにみえる伝承によると、浅草寺の草創の由来は今の隅田川で漁をしていた兄弟の網にかかった仏像があり、この像を拝した兄弟の主人は出家し、自宅を寺に改めて供養したそうです。これが浅草寺の始まりだと言われています。観音像は高さ1寸8分(約5.5センチ)の金色の像であると言われていますが、公開されることのない秘仏のため、その実体は不明です。
雷門
表参道入口の門。向かって右の間に風神像、左の間に雷神像を安置することから正式には「風雷神門」と言いますが「雷門」の通称で通っています。慶応元年(1865年)に焼失後、長らく仮設の門が建てられていましたが昭和35年(1960年)、約1世紀ぶりに鉄筋コンクリート造で再建されました。実業家・松下幸之助が浅草観音に祈願して病気平癒した報恩のために寄進したもので、門内には松下電器産業(現パナソニック)寄贈の大提灯があり、三社祭の時と台風到来の時だけ提灯が畳まれます。(wiki抜粋)

雷門・提灯

神谷バー
東京の下町、浅草に今も残る日本で初めてのバーです。1880年に洋酒の一杯売りとして創業し、1912年に西洋風のバーに改造しのがその始まりです。バーというと、少し薄暗い店内のカウンターに座り、お酒を飲みながら友人やバーテンダーとの会話を楽しむ場所というイメージですが、当時のバーは現在のレストランのような店内で、浅草ロックで活動写真を見終えるとその興奮を胸に一杯、二杯と呑む。それが庶民にとっての最高の楽しみだったようです。 もちろん、今も神谷バーは下町の社交場として栄え、店内を見渡すと多くの年配の方達が、神谷バー発祥のカクテル「デンキブラン」を片手に今も昔も変わらず、一日の終わりを楽しんでいました。

神谷バー

下町・浅草

江戸時代以前から東京随一の繁華街として栄えた浅草。雷門・仲見世通り・浅草寺・浅草神社・伝法院・花やしき等々、観光名所を挙げていくときりがありません。
観光名所だけではなく周辺をくまなく歩いてみると、違った一面が見えてまた面白い。現在も江戸の下町情緒を感じさせてくれる場所が多く、おせんべいを焼いている所や運が良ければ店先でアンコウの吊るし切りを見る事も出来ちゃいます。

また、押上に建設中の東京スカイツリーが景観に彩りを加えた浅草。周辺をぶらぶら歩いてお昼にはお好み焼き、夜には神谷バーで一杯なんてどうでしょうか。
おせんべい屋

October 3, 2011
written& photo  by 福永 夕太

明治神宮
日本一の参拝数を集める、原宿駅の真裏にある神社。明治天皇が「うつせみの代々木の里はしづかにて都のほかのここちこそすれ」と詠んだ代々木の南豊島世伝御料地を境内地として造営が行われた。1920年(大正9年)11月1日に鎮座祭が行われた。ちなみに、この御料地はかつて近江彦根藩井伊家の下屋敷のあった場所で、明治維新後に井伊家から政府に対して献上されたものです。面積約70万平方メートルの境内はそのほとんどが全国青年団の勤労奉仕により造苑整備されたもので、現在の深い杜の木々は全国よりの献木を青年団が植樹したものです。また、本殿を中心に厄除・七五三などを祈願を行う神楽殿、「明治時代の宮廷文化を偲ぶ御祭神ゆかりの御物を陳列する」宝物殿、「御祭神の大御心を通じて健全なる日本精神を育成する」至誠館などがあります。(wiki抜粋)

明治神宮

表参道・神宮前

表参道は今でこそ、ファッションや文化の発信地として知られていますが、元々は明治神宮の「表の参道」なので表参道という駅になりました。副都心線に北参道駅もありますね。ちなみに住所で表参道はありません。また、神宮前はその名の通り「明治神宮の前」にあるからです。この街は、明治神宮がベースに地名が由来する事がほとんどなのです。

表参道・神宮前

代々木公園

代々木公園(約54ha)の所在地は、かつて「代々木の原」と呼ばれた大日本帝国陸軍の代々木練兵場でした。これが第二次世界大戦での日本の敗戦後には占領アメリカ軍施設・ワシントンハイツとなり、1964年(昭和39年)の東京オリンピックで代々木選手村として使用された後に再整備され、1967年(昭和42年)に代々木公園として開園したものです。代々木公園は東京23区の中では4番目に広い公園です。ちなみに、1位は葛西臨海公園(約79ha)、2位は水元公園(約76ha)、3位は舎人公園(約71ha)。色々な目的の人がここにはいます。サイクリングやバードウォッチング、ウォーキング、写真、漫才の練習・・・。ゆっくりとした時間が流れます。

代々木公園

September 20, 2011
written& photo  by 福永 夕太

東京都内唯一の渓谷「等々力渓谷」
ちなみにこちらは世田谷百景の一つでもあります。東京都内でこんなにマイナスイオンを感じられる場所はないです。東急大井町線「等々力駅」を下車して、3分で渓谷の入口があります。ここは多摩川にそそぐ谷沢川下流の約1kmの渓谷を区が公園として整備したものです。 休日には都心の渓谷目当てにたくさんの人が歩いております。

等々力渓谷

名勝

等々力渓谷は東京都内で唯一の渓谷で、面積は34,886.62平方メートル。東京都教育委員会からも「名勝」に指定されております。wikiによると「名勝」とは
1.景色の良い土地のこと。名勝地、景勝(地)(けいしょう(ち))ともいう。
2.日本における文化財の種類のひとつで、芸術上または観賞上価値が高い土地について、日本国および地方公共団体が指定を行ったもの。 特に文化財保護法第109条第1項において規定された国指定の文化財の種類の一つ。
ということです。とにかく非常に気持ちがいいところなので、大きく空気を吸い込んでみることをお薦めいたします。

名勝

等々力渓谷の言われ

等々力渓谷は谷沢川によってできた谷で、今でも多くの動植物が見られ、四季折々に咲き乱れる桜や、常緑の木立、秋の紅葉も不動滝に映え深山の趣があります。谷間は 粘土、赤土、砂礫の層が重なって地層の移り変わりを物語っています。不動滝は古くから知られ清浄な渓谷にしぶきを立てて、とどろいていたことから等々力の地名が起こっ たともいわれています。(世田谷区教育委員会)

いわれ

August 5, 2011
written& photo  by 福永 夕太

今回の特集は日本に異文化が入ってきた港町函館です。嘉永7年(11月から安政元年)(1854年)、米国東インド艦隊司令長官ペリー提督との間で日米和親条約が締結され、わが国は箱館と下田の開港を約束、ペリー提督はその足で艦隊をひきつれて箱館の視察に訪れました。和親条約が締結された翌年から、外国船が盛んに箱館港に入港し始め、その後の米・蘭・露・英・仏との通商条約を経て、安政6年(1859年)には横浜、長崎とともに、日本初の国際貿易港として開港、世界の「ハコダテ」は大きく発展しました。往時の中心地、元町は異国情緒あふれる街並みを今に伝えています。 ちなみに函館山からの夜景は世界三大夜景(香港、ナポリ、函館)にもなっております。本当に素晴らしい夜景です。裏夜景もあり函館山以外のところから景色を見るのも定番です。

夜景

北海道、函館は何と言っても海の幸。朝市や自由市場から函館玄人になると市民の台所の中島廉売・・なんていう選択肢も。とにかく新鮮でおいしいです。牡蠣を店頭で そのまま買って食べようと、「醤油ありますか?」って聞いたら「風味が落ちるからそのまま食べな」って教えてくれました(笑)冗談でビール飲みたくなっちゃうなー!っ て言ったら、お店のおばちゃんが、「お中元で貰ったけど飲まないから、ほれ!」ビールを本当にくれてびっくり。温かい人たちが多くて函館はいいなって思いました。

食材

西部地区と擬洋風建築と坂

函館山の麓あたりです。この辺は一番初めに異文化が入ってくる地区で、昔は外国人もたくさん住んでたそうです。和洋折衷の建物が多かったり、函館の大工が外国の建築を真似て作る擬洋風建築が盛んで、1階が和風、2階が洋風、またはその逆という建物が多くて今でも数多く残っております。ただ、函館は大火が多かったため、木造の建物は焼失してしまったものが多いそうです。残念。
そして、なんといっても坂がいいんですよ。20坂くらいあって中でも、北島三郎の母校でもある函館西高校の下の八幡坂は旧青函連絡船摩周丸が見えて情緒を感じます。夜も散歩するには最高です。この辺のエリアは元町エリアとか言われておりますが、神戸にも横浜にも函館にも「元町」ってありますね。全部港町。なんかあるのかな?

西部地区と擬洋風建築と坂

April 30, 2011
written& photo  by 四方田 裕弘

中央線の高円寺です。
高円寺と聞くと何を思い浮かべます?
古着。純情商店街。阿波踊り。古本。高円寺フェス。ひとによってさまざまな高円寺がありますね。
いろいろな高円寺を思い浮かべながら、共通して心に感じるものは、どんな人にも地元と思わせる温かさではないでしょうか。
どこを歩いていても、なんか懐かしいなぁと思わせてしまうノスタルジックな雰囲気。古いものも新しいものもいっしょくたに?みこんでしまえる懐の広さ。どんなものにも、そこに暮らす人々の『手』が垣間見える手作りの町。
そんな高円寺を撮ってきました。

高円寺麦酒工房

座・高円寺
演劇や映画、ワークショップがほぼ毎日行われています。
テントのような造りで、サーカスに来たような錯覚を覚えます。
2階にはカフェがあり、毎週土曜日の午前中には『絵本の旅』が開催されているそうです。
こんな雰囲気の中で、お父さんやお母さんと一緒に本を読みながら育った子は、きっと高円寺の独創的なセンスを身につけるのでしょうね。

座・高円寺

カフェ・古着・古本

北口のレンガ道をゆくと、ところどころに手作り感溢れるお店が!
お店選びのコツは、まず店構えをみて、今日の気分に合うお店であれば、窓から店内を眺めてみる。店内の雰囲気も今日の気分に合いそうであれば、お店の外にあるメニューを眺め、それに合格したときにドアを開け、店内に一歩足を踏み入れた時の空気を楽しむ。このみっつの試験に合格したお店は、まずハズレはありません。
ただ、ここは。。。
すべてのお店のドアを開けることになりそう。。。

カフェ
« Prev 1  2  3  4  5  6  7  8

最新の15街