ゼロアパの『より道ちか道散歩道』のトップへ ->  港区  ->  三田・麻布十番・六本木

港区

March 5, 2012
written & photo  by 小倉 駿二朗

今回の散歩道は港区の三田・麻布十番・六本木です。
三田といえば慶應義塾や大使館をイメージする方が多いと思いますが、丁目によって街の顔ががらりとかわる散歩向きの街なんです。二丁目の高台には高級住宅地や三井倶楽部にオーストラリア大使館、低地には慶應義塾大学。三丁目は商業地が広がり四丁目は寺町となっています。そして一丁目と五丁目の古川(渋谷川)沿いは昔ながらの住宅や商店街が広がっており、昭和の東京が今も色濃く残る貴重な場所です。

三田

麻布十番
古くは麻布村の低湿地帯であった場所を江戸時代に河川改修などによって干拓、開拓が進み、明治時代には神楽坂と並ぶ繁華街に発展したそうです。今では洗練されたオシャレなイメージが強い麻布十番ですが昔ながらの老舗も多く歩いてみると印象が変わるかもしれません。因みに麻布十番商店街の中に、たいやき発祥の店であり「およげ!たいやきくん」のモデルとなった有名なお店もありますので、散歩の際には是非食べてみて下さい。

かえるさん

六本木

日本屈指の若者の街であり、六本木ヒルズを代表するビジネスエリアや高級マンションエリア、大使館も数多くある六本木もまた様々な顔を持つ街です。昔は日本軍の軍事施設が置かれ終戦後は米軍駐留地になった事から今でも外国色が強い街となっています。地名は6本の松の木があったことに由来する説と青木氏、一柳氏、上杉氏、片桐氏、朽木氏、高木氏の各大名屋敷が存在したことに由来する説があります。
三田・麻布十番・六本木を歩いてみると都会の中心地でありながら昭和の色も残し、街が発展していく様を感じる事ができます。機会があれば是非歩いてみて下さい。

二宮金次郎
ゼロアパの『より道ちか道散歩道』のトップへ ->  港区  ->  三田・麻布十番・六本木