杉並区

April 30, 2011
written & photo  by 四方田 裕弘

中央線の高円寺です。
高円寺と聞くと何を思い浮かべます?
古着。純情商店街。阿波踊り。古本。高円寺フェス。ひとによってさまざまな高円寺がありますね。
いろいろな高円寺を思い浮かべながら、共通して心に感じるものは、どんな人にも地元と思わせる温かさではないでしょうか。
どこを歩いていても、なんか懐かしいなぁと思わせてしまうノスタルジックな雰囲気。古いものも新しいものもいっしょくたに?みこんでしまえる懐の広さ。どんなものにも、そこに暮らす人々の『手』が垣間見える手作りの町。
そんな高円寺を撮ってきました。

高円寺麦酒工房

座・高円寺
演劇や映画、ワークショップがほぼ毎日行われています。
テントのような造りで、サーカスに来たような錯覚を覚えます。
2階にはカフェがあり、毎週土曜日の午前中には『絵本の旅』が開催されているそうです。
こんな雰囲気の中で、お父さんやお母さんと一緒に本を読みながら育った子は、きっと高円寺の独創的なセンスを身につけるのでしょうね。

座・高円寺

カフェ・古着・古本

北口のレンガ道をゆくと、ところどころに手作り感溢れるお店が!
お店選びのコツは、まず店構えをみて、今日の気分に合うお店であれば、窓から店内を眺めてみる。店内の雰囲気も今日の気分に合いそうであれば、お店の外にあるメニューを眺め、それに合格したときにドアを開け、店内に一歩足を踏み入れた時の空気を楽しむ。このみっつの試験に合格したお店は、まずハズレはありません。
ただ、ここは。。。
すべてのお店のドアを開けることになりそう。。。

カフェ