侘びと寂びを採り入れたヴィンテージ、東急ドエルアルス上野毛

prev
next

世田谷区中町にある東急建設の東急ドエルアルスシリーズ、「東急ドエルアルス上野毛」です。
環八と谷沢川に挟まれた一帯の、駒沢通り付近。この辺りもいいマンションが多い地域ですね。目の前のパーク・ハイム上野毛や上野毛コートハウスは、敷地にゆとりがあり、中庭を配した、個人的に好きなマンションです。

今回紹介する東急ドエル・アルス上野毛は、東急建設の東急ドエル・アルスシリーズのひとつです。茶系のタイルを張り、植栽もバランスよくデザインされた瀟洒な外観のマンションですね。同じシリーズの、東急ドエル・アルス弦巻にも似ています。

最寄り駅は、東急大井町線の上野毛駅です。再開発で賑わいを見せる二子玉川駅のひとつ隣駅。改札を出るとパスタの分量器のような穴のある屋根が道路を覆う、不思議なデザインの駅ですね。建築家安藤忠雄のデザインだとか。

駅からは、環八と反対方向に歩きます。二子あたりの賑わいとは正反対で、商店や畑がちょいちょい顔を出す、のどかな町並みです。谷沢川の手前を左に住宅街に入り、駒沢通りまで行くと着きます。畑も点在する住宅街の平坦で静かな道のりを歩いていくと、はぁ家に帰っ来たんだなぁという安心感に満たされるようです。

お部屋は120平米の2LDK。玄関ホールを角にしたL字形の空間は、左の居住スペースと、右のキッチンスペースが、はっきりと区別された配置。それぞれの雰囲気も異なっていました。

角を丸くした大型のアイランドキッチンは動線を二分するように中央に縦に置かれ、設備というより家具の一部といった存在感。キッチン周りにはバックセットやパントリーが付いていて、食材の買い置きや食器類の収納にも役に立ちそうです。

全体的に白っぽく、曲線と直線を組み合わせたキッチンスペースは、少しアールデコの装いを採り入れたような雰囲気。

一旦玄関ホールまで戻り、もう一つの区画へ。

最初の部屋は、13.8帖のリビング。仕切るもののないぽっかり空いた空間は、いろいろな用途に使えそうです。ホテルのパーティルームのような可動壁で仕切れるようにはなっているものの、そもそも廊下という概念がないこの部屋は、キッチンとの間にも間を仕切るものがなく、前居住者がホームパーティ用に造ったのかなとも思わせる仕様です。

ここからは床材が麻に変わり、一転してエスニックな雰囲気に。

続き間の洋室は、書斎机と書棚が造りつけられています。ここにはウォークインクローゼットと納戸が付けられています。入り口が狭く上げ床になっている納戸には、4枚の縁のない琉球畳が敷かれ、茶室のような空間。ただの納戸にしておくのがもったいない雰囲気です。

このオープンな部屋の中で、唯一独立した空間が7.3帖の和室です。無垢板で作られた机には、和紙の引き戸が付けられ、床は麻と琉球畳のコラボレーション。木で囲まれた窓の先には、テラスに植えられたツツジが見えました。

ここの和室は、ただ心静かに集中することだけを目的に、造られているようです。

麻、フローリング、琉球畳と、床材のバラエティーが豊かで、壁ではなく床で空間を区切っている印象もあるこの部屋ですが、浴室の床も天然石のタイル張りという凝りようです。

内装は、前オーナーが10年ほど前にリノベーションしたそうです。全体的にきれいに使っていますので、クリーニング程度でもそのまま使用できそうです。


備考 ■角部屋
■日照良好
■トランクルーム付き
設備
特記事項
登録日 平成28年7月22日 引渡時期 即可 取引形態 媒介
物件種目 中古マンション
所在地 東京都世田谷区中町4-37-17
価格 掲載を終了しました。
専有面積
間取り
築年 昭和56年1月
最寄駅 大井町線「上野毛駅」徒歩8分/田園都市線「二子玉川駅」徒歩22分
構造 RC造
階/階建 2階/5階建
管理費
修繕積立金
その他費用
管理会社 東急コミュニティ
施工会社 東急建設
分譲会社 東急不動産
土地権利 所有権
棟総戸数 33戸
現況
  • この物件について問い合わせる
  • お気に入りに追加
  • 印刷する

■物件のお問い合わせ

いただいたお問い合わせにつきましては、原則メールにてご返信させていただきます。

※すべて半角英数で正確にお願いします。
※半角入力(例)03-0000-0000

中古マンションを探す

エリア

広さ

価格

フリーワード検索

ざっくり探す

閲覧履歴

閲覧履歴はありません。

お気に入り

現在お気に入りはありません。

トピックス

PAGE TOP