ゼロアパの『より道ちか道散歩道』のトップへ ->  特集  ->  西日本車中泊の旅 前半

特集

April 28, 2012
written & photo  by 小倉 駿二朗

今回の特集は4月11日から21日迄の11日間に及ぶ西日本車中泊の旅です。 九州を除いた名古屋より西側をレンタカーの日産CUBEで回ってきました。
前・後半2回に分けてご紹介します。

錦帯橋
この名橋は山口県岩国市の錦川に架かる木造のアーチ橋です。延宝元年(1673年)第3代岩国藩主によって創設され、 250年以上架け替え工事が行われその姿を保っていましたが、昭和25年のキジア台風によっておしくも流失。 その後、昭和28年に再建され、現在の橋は平成15年に架け替えられたものです。 早い時間に訪れ、朝の散歩をしている地元の方と朝の挨拶をしながら渡るのがおススメです。

錦帯橋

東洋のマチュピチュ

愛媛県新居浜市の山中、東平(とうなる)地区にある別子銅山の貯鉱庫。別名東洋のマチュピチュ。
また、険しい山道を登った山中にある事から天空遺跡とも言われています。 綺麗な緑と、鳥の鳴き声においしい空気。当時、約2万人が住んでいたとはとても思えません。

ここへは車で訪れる事になるのですが、すれ違う事が難しい山道を5キロほど走る事になるので、 近くの道の駅「マイントピア別子」で休憩してから向かった方が良いです。 また、2007年に石見銀山が世界遺産登録された事を受け、別子銅山も登録を目指す動きをしています。 混みあってしまう前に一度訪れてみて下さいね。

別子銅山(東洋のマチュピチュ)

沢田マンション

高知県高知市には世界初のマンションがあるんです。 何が世界初かと言いますと、実は建築知識も全くない素人のご夫婦が独学で建てた鉄骨鉄筋コンクリート造マンションなんです。 昭和46年から建て始め、増改築を繰り返し、今では約70世帯に約100人の方が住んでいます。

建物内は迷路のように複雑で、クレーンや池、畑、木造の戸建てがあったりと様々。 建築時に使った機材が置かれている作業場も残っています。 無断での立入りは出来ませんが、大家さんに許可を得ればマンション内を見学できます。 桂浜からほど近い場所にありますので、訪れる際には是非、沢マンも。

沢田マンション
ゼロアパの『より道ちか道散歩道』のトップへ ->  特集  ->  西日本車中泊の旅 前半