ゼロアパの『より道ちか道散歩道』のトップへ ->  特集  ->  国立天文台(三鷹市)

特集

April 8, 2012
written & photo  by 四方田 裕弘

今回の散歩道は三鷹にある、国立天文台です。
港区飯倉(今のロシア大使館辺り)を拠点としていましたが、大正14年に三鷹に移設され現在に至っています。
移設時に建設された天体望遠鏡など、国指定重要文化財や登録有形文化財がいくつも保存されています。
日本の天文学の歴史を肌に感じる事ができ、広大な敷地には、当時の日本家屋を改装したこども向けの図書館や広場があり子供連れでも充分楽しめます。
当時の建物や天体望遠鏡もありますので、建築物好きにもお勧めです。

エントランス

日本国内のみならず海外にも点在する天文台や観測所の本部というだけあって、なかなか威厳のある建物です。
かつての三鷹の森の雰囲気を残している木々よりも低い建物が、風格を増しているように思います。
海外の観測所のひとつであるアタカマ高地のチリ観測所(アルマ望遠鏡)は、250キロを歩いた地であり、親近感が湧きました。

住所:東京都三鷹市大沢2-21-1
京王線の調布駅又は中央線の武蔵境駅からバス便です。

天文台三鷹キャンパス
ゼロアパの『より道ちか道散歩道』のトップへ ->  特集  ->  国立天文台(三鷹市)