おすすめの広さは? 女性の一人暮らしにおすすめの間取り

一人暮しを始める。どんな部屋にしようか、どんな家具を置こうか想像を膨らませている方もいらっしゃるかもしれません。しかし、家具やデザインのことを考える前に、部屋選びが必要です。悩みの種となるのが間取りです。特に女性にとっては、お部屋の使い道によって適する間取りが異なります。今回は、女性の一人暮しにお薦めの広さや間取りをご紹介していきます。

女性の一人暮らしに向いている広さと間取り

一人暮しの女性に適した広さにはもちろん個人差はありますが、最低でも40平米は必要でしょう。また、住宅ローンを利用してマンションの購入を考えている場合は、35㎡以上の面積がないと、住宅ローンの融資を受ける条件を満たさない事がありますので注意が必要です。
間取りとしては、ワンルーム・1K・1DK・1LDKのあたりではないでしょうか。すでにご存じと思いますが、ワンルームは、キッチンと部屋の間に仕切りが無く、どちらも1室内に含まれる間取りのことをいいます。1KのKとは「キッチン」のこと。ワンルームと違って、キッチンと部屋がドアなどの仕切りによって分れています。1DKのDKは「ダイニングキッチン」。1Kの調理場としてのキッチンよりスペースが広く、食卓を設置し食事をする(=食堂)程度の広さがあるのが特徴です。1LDKは「リビングダイニングキッチン」の略で、DKのキッチン、食堂、居間が揃った広さのある間取りです。

因みに、不動産会社が募集図面に記載する間取りは不動産業者によって差異がでないよう、部屋数(居室)によって最低限必要な広さが定義されています。居室が1部屋の場合、4.5帖以上がDK、8帖以上がLDK、2部屋以上の場合、6帖以上がDK、10帖以上がLDKとなっています。

ケース別! 女性の一人暮らしにおすすめの間取り!

女性の一人暮らしでお部屋を選ぶ際には、それぞれのケースに見合った間取りを選ぶことが大切です。

仕事が忙しく家にあまりいない場合

外出が多く家にいることが少なく、来客の予定もほとんどないという場合はワンルームでも問題ありません。メリットは、家賃、共益費、光熱費などのランニングコストを節約できる点です。1部屋に必要最低限の機能がまとまっているので、コンパクトに暮らすことを好む方には適しています。ただし35㎡程度のワンルームはキッチンスペースが最低限の設備の場合が多いので、料理を作るのが好きな方には物足りないかもしれません。外食が多く、自宅ではお湯を沸かしたり、レンジがあればOKの方向きです。また、玄関を開けた際に部屋の中が丸見えになってしまう場合があります。他の間取りでも言えることですが、女性が一人暮らしをする場合はオートロックや防犯カメラなど、マンション自体に防犯面が整っているようなところを選ぶようにしましょう。また、どうしても荷物が多くなってしまう方は1Rでも40㎡程度はないと、収納スペースが少ないと思います。

自炊をする場合

自炊をすることが多い方の場合は、40㎡以上の広さで、1K以上の間取りの物件が適しています。小さなワンルームの場合、キッチン設備自体がコンパクトな事に加え、キッチンを使うと料理を作る際に出た煙や食べ物の匂いが充満したり、お風呂からの蒸気が部屋にこもってしまいがちですが、1K以上であれば、キッチンやお風呂、トイレは廊下に付いており、部屋と廊下の間に仕切りがあるので匂いなどが部屋まで流れ込んでくることはありません。玄関を開けても、ダイレクトに中まで見渡されずに済むので、ワンルームよりはプライバシーを高く保つことができます。また、収納などのスペースも広くなるので、何かと持ち物が増えてしまう女性にはありがたいのではないでしょうか。

荷物が多い場合

さらに45㎡以上で1DK・1LDKの間取りになると、空間にかなりゆとりができます。買い物が趣味の多い方や洋服やバッグ、本などの荷物が多い方、または、机を置いて仕事のスペースを作りたい方に向いています。クローゼットや収納スペースが広く、お風呂とトイレが別々の物件が多いのも女性にとって嬉しいことです。また、人を招くことが多い方や友達を泊めてあげるのにも十分な広さがあるので、友人を呼んで料理を振る舞ったり、パーティーをするのも楽しいかもしれません。一人の時にも、食卓で食事をし、テレビを観ながらソファでくつろぎ、明日に備えて寝室でリラックスする。という風に生活にメリハリをつけることができます。家具や荷物が最小限の方でも、この程度の広さがあれば、ゆったり暮すことができると思います。

女性が一人暮らしをする場合間取りだけではなく設備もチェック!

自分のライフスタイルに合わせて広さや間取りを選択することは大切ですが、マンション事態の管理や設備がしっかりしているかをチェックする事も忘れてはいけません。特に女性は防犯面を重視すべきでしょう。立地や周囲の環境はもちろんのこと、マンション自体のオートロックの有無、防犯カメラの数や配置場所、管理体制の良好さなどを予めチェックすることが大切です。

「バス・トイレ別」も女性に多く選ばれる条件になります。お風呂とトイレがつながっているのも、ホテルで1泊する程度なら良いですが毎日使うものでは敬遠してしまうこともあるでしょう。洗面所にドアが付いて独立しているのであれば友達や恋人を呼んでもプライバシーは守られます。洗濯機を置く場所がある、エアコンが元々付いているので買う必要がない、ウォークインクローゼットがあって収納スペースが広いなども好条件のお部屋になります。部屋が南向きで陽当たりが良いと、家に長くいる方には気持ちよく過ごせるでしょう。

毎月家賃を払い続けることなく、ずっと同じ部屋に住みたい場合や、自室のインテリアを好きなようにアレンジしたい方々はマンションを購入するのも一つの手です。内装の仕様、防犯、管理面などからも、分譲マンションの方が比較的優れている場合が多いでしょう。日々のストレスを抱え、仕事から疲れて帰ってくる場所が「自分の持家」であること。これはちょっと素敵なことではありませんか?

自分のライフスタイルを見つめなおすと、自分に合う部屋が自ずとわかってきます。「住んで気持ちの良い部屋」を目指して、素敵なお部屋造りをしましょう。ゼロアパでは、ファイナンシャルプランナーによるライフプランについてのご提案をはじめ、お客様のマンション探しやリノベーションなどをサポートしています。ご不明な点はゼロアパまでお気軽にお問い合わせください。

中古マンションに興味がある方はこちら

関連記事

おすすめ記事

  1. 中古マンションを購入して室内をリノベーションしたいけれど、リノベーション向きの物件が少なくて、困って…
  2. あなたは、どのようにして家にかける予算を決めていますか? 同僚が○○○○万円くらいの家を買った…
  3. マンションを購入する際に予め目を通すことをお勧めしたい書類が「重要事項に係る調査報告書」です…
  4. 「中古マンションは、管理の良い物件を買え」「マンションの管理=マンション寿命」「管理体制の良い物件=…
  5. これからの日本は人口がどんどん減っていく傾向に。物件も余剰気味で、価格が下がるはずだから、今、家を買…

話題をチェック

  1. 2019-12-6

    10年前にマンション購入 売却損益分岐点

    先日、10年程前にマンションの購入をお手伝いした方から連絡を頂き、買換えのための売却と購入のお手伝い…
  2. 2018-11-28

    単身のうちにマンションを購入するメリットとデメリット

    単身者のうちにマンション購入を考える人が増えてきています。単身者がマンションを購入する場合、どんなメ…
  3. 2019-1-28

    魅力ばかりだけではない? タワーマンションのメリットとデメリット

    「タワーマンションに住むのはお金持ちの特権」と思われがちですが、実は平均的な世帯年収の人たちでも手が…
中古マンション購入+リノベーションはじめの一歩は知識が豊富なファイナンシャルプランナー探し
ページ上部へ戻る