単身のうちにマンションを購入するメリットとデメリット

単身者のうちにマンション購入を考える人が増えてきています。単身者がマンションを購入する場合、どんなメリットやデメリットがあるのでしょうか?単身者ならではのマンション選びのポイントなども踏まえて解説します。

単身者がマンションを購入するメリット

マンションを購入する際のメリットひとつは、個人の資産を手に入れることができる点です。賃貸物件でずっと家賃を払い続けていても手に入れることはできませんが、購入すれば、それはご自身の資産になります。賃貸物件に住み、その家賃を払い続けるならば、同じ位の額を住宅ローンとして支払いをするのも一考です。その場合、比較的身軽で自由がきく単身のうちから思い切ってマンション購入をすることを考えてみてはいかがでしょうか。

老後の安心というのもマンション購入のメリットです。仕事をリタイアした後、収入がない状態で家賃を払い続けるというのは、いささかの不安材料でもあります。働き盛りのうちに、ローンを組んででも持ち家を手に入れておけば、将来的に安心して暮すことができます。

もちろん、自分の家を持つという喜びもあります。コツコツ働いてきた努力が結実した成果とも言えますし、インテリアに凝ったり、思い切りガーデニングを楽しんだりと自分の思い通りにカスタマイズできる空間を手に入れることで、「暮す」ということをよりいっそう満喫できます。

単身者がマンションを購入するデメリット

もちろん単身者がマンションを購入するときに想定される問題もあります。例えば、ライフスタイルが変わり、購入した家に住めなくなる場合があることが挙げられます。結婚して拠点が変わる、親の介護のために実家に戻ることになる、転勤や転職、などの理由で購入した家に住めなくなる可能性があります。

ただ、これらに関していえば、持ち家を賃貸物件として人に貸す、あるいは、売却して別の物件への住み替えのための資金に充てる。などの解決策を講じる手立てはあります。

単身者がマンションを購入する場合のポイント

マンションを購入する場合、どんなことに気を付けるべきなのでしょうか。重要なのは、先述した通り、ライフスタイルが変わる可能性があることを視野に入れて物件を選ぶことです。結婚することを視野に入れた場合でも、支障なく住める広さの物件を選ぶことです。予算に余裕があるのであれば、今のライフスタイルだけにとらわれず、のちのち家族が増えた時のことを念頭に入れ、ある程度の広さがある物件を購入しておくことが賢明かもしれません。

もし購入したマンションに住めなくなった場合は、売却することも考えられます。その場合に備えて、売却のしやすいマンションを選ぶのもポイントのひとつです。どのようなマンションが売却をしやすいのかというと、もちろん要素は様々ありますが、何よりも立地がその最たるものであります。駅に近い、スーパーマーケットやコンビニエンスストアが近くにある、学校や銀行、公園など周囲の施設や環境が整っているなど。物件のデザインや部屋数は、人それぞれの趣味やライフスタイルによって求めるものが変わってきますが、立地条件の良し悪しは、あまり変化がないうえに、ほとんどの人が一番に考慮するところなので、売却する際にも、その価値判断の対象として重要視されます。

そのため、購入を考える場合は、今、ご自分が住む環境や空間として快適な物件であることはもちろんのこと、将来、売却をすることをも視野に入れ、資産価値が下がりにくい物件を選択することが重要なポイントとなります。このようなことは、一人で判断するのは難しいこともありますので、専門家のアドバイスを受けることをお勧めします。

もし結婚で家が不要になってしまったらどうするの?

結婚した、子供が生まれてもっと広い住まいが必要になった、パートナーの拠点に合わせることになった、転勤が決まった、などの理由でせっかく購入した物件に住み続けられなくなる可能性もあります。

そのようなとき、考えられる手段としては、購入した物件を売却したり、金融機関との折衝が必要ではありますが、物件を貸し出すという2つの方法です。まず売却する場合、すでにローンの支払いが終わっていれば、売却することで、ある程度のまとまったお金を得ることができます。ローンの支払いの最中の場合は、売却額をローンの残額に充当することになります。その場合、売却額よりもローン残額のほうが大きい場合は残額を自己資金で補填する必要があります。

貸し出す場合は、毎月の家賃収入を得ることができます。ローン返済が終わっている場合は家賃の全額が収入となり、ローンの返済が終わっていない場合は家賃収入をローンの支払いに充てることができます。

このように、結婚後にもし物件が不要となってしまった場合でも、売却したり、貸し出したりすることが可能です。大きな買い物ですので、マンション購入を考えた場合には、ご自身だけであれこれ考えるよりも、ライフプランをきちんと練ったうえでFP(ファイナンシャルプランナー)に相談するのが良いでしょう。

思い切ってマンションを購入するのは単身者でも家族があっても大きな買い物であることには変りありません。まずはご自分のライフプランについて十分な確認と理解をすることから始めてみてください。マンション購入をお考えの方はぜひ、私共ゼロアパにご相談ください。

中古マンションに興味がある方はこちら

ライフプランニングって何?
中古マンションの検索はこちら
物件のリクエストについてはこちら
ご相談・お問い合わせはこちら

関連記事

おすすめ記事

  1. 不動産の購入においては、ゼロアパでは、「純資産」(Net Asset Value)について 考える…
  2. 先日、10年程前にマンションの購入をお手伝いした方から連絡を頂き、買換えのための売却と購入のお手伝い…
  3. 中古マンションを購入するとき、築年数は何年くらいがおすすめですかと聞かれることがあります。 も…
  4. お客様の中にはある一定の、いわゆる掘出し物と呼ばれるような物件だけをひたすら狙おうとされる方がおられ…
  5. 自信を持って断言できます。 「自宅購入に勝る不動産投資はありません」 この事に気付いている人…

話題をチェック

  1. 2019-11-17

    不動産エージェント歴11年 私が焦って中古マンションを買ったワケ

    令和元年5月に私は自宅としてリノベーション済み中古マンションを買いました。 首都圏の不動産価格…
  2. 2019-1-3

    住宅購入をする際に注意! 「住宅取得等資金の贈与税の非課税」とは?

    住宅を購入する際は、物件の価格に加え、必要となる諸費用について調べるだけでなく、税制や特例についても…
  3. 2019-1-18

    必読!あなた向きなのは、中古マンション購入+リノベーション?リノベーション済み中古マンション購入?

    先日、こんなお問い合わせをいただきました。概要を箇条書にすると、こんな感じです。 →そろそろ4…
中古マンション購入+リノベーションはじめの一歩は知識が豊富なファイナンシャルプランナー探し
ページ上部へ戻る