リノベーションをするときに覚えておきたいクローゼットの種類

中古住宅に大幅な改装を加えて住み心地を向上させるリノベーションです。リノベーションによって収納部分が増えると日々の生活を快適にすることができるはずです。
普段着の出し入れや荷物の整理など、収納スペースを使いやすくしておくと、日常生活でのストレスや負担を減らすことに繋がります。今回はリノベーションに際して覚えておきたいクローゼットの基本的な知識をご紹介します。

クローゼットの種類にはどのようなものがある?

衣類やちょっとした荷物を収納しておくクローゼットには、大きく分けて「壁面クローゼット」と「ウォークインクローゼット」の2種類があります。

壁面クローゼット

少ないスペースを有効活用して収納場所を確保するのが壁面クローゼットです。

壁面クローゼットでは洋服を横一列に並べてコンパクトに整理するので、パッと見て洋服を選びやすいというメリットが挙げられます。洋服を吊るすスペースの下部には収納ボックスや小物を置いておけるので、空間を無駄なく有効活用する事が可能です。

ただし、壁面クローゼットは限られたスペースに設置される事が多いので広い床面積を確保する事が難しく、大きな荷物や季節家電の収納には不向きかもしれません。

ウォークインクローゼット

ウォークインクローゼットはその名の通り、中に人が入って歩ける程度のスペースが確保されている収納空間です。内部が広く床面積も十分に確保されているのでスーツケースや加湿器、扇風機や暖房器具など使用するタイミングが限られている荷物の保管場所としても活用出来るのがメリットと言えます。しかし内部を人が移動する事を前提としている関係上、収納スペースとして活用出来ない空間があるのもデメリットです。

クローゼットの扉の種類にはどのようなものがある?

クローゼットをリノベーションする際には壁面かウォークインかだけではなく、取り付ける扉の種類にもこだわる事が重要です。クローゼットの設置場所や室内の間取りなどによって使いやすい扉の形状は異なります。

収納スペースをストレスなく活用する為には環境に合わせた形状の扉を選択しましょう。クローゼットに取り付ける扉は「折れ戸」「開き戸」「引き戸」の3種類と、扉を取り付けないパターンを合わせた4通りが一般的です。それぞれの特徴をしっかり押さえておきましょう。

折れ戸

クローゼットの扉として代表的なものが折れ戸です。折れ戸は開くとクローゼットの全体を見渡せる造りになっているので、荷物の出し入れがしやすく衣類を選ぶのにも苦労しません。

何層にも折り重なる蛇腹式にすれば家族共用で使うような大型のクローゼットにも対応可能です。ただし開閉にはクローゼットの前に最低扉1枚分のスペースを確保しておく必要があるので、扉の周辺に物を置いておけない事がデメリットと言えます。

開き戸

折れ戸は板を畳んで開閉するタイプの扉ですが、1枚板をドアの様にして開閉するのが「開き戸」です。開き戸のメリットやデメリットは基本的に同じですが、開閉スペースの確保やクローゼット内の見通しの良さではやや折れ戸に軍配が上がります。

引き戸

引き戸は扉を横にスライドさせて開閉するタイプのもので、少ない力でスムーズに開閉をする事が出来ます。クローゼットの前に物を置いても問題ないので、部屋のレイアウトは自由度が高くなると言えるでしょう。しかし一般的な引き戸は2枚扉になっており、開けていない方の扉がクローゼットの半面を塞ぐ事を不便に感じてしまう人も少なくありません。開閉時には扉が設置面を這って移動する為、比較的開閉音が大きくなりがちという点にも注意しておきましょう。

扉なし

リノベーションの際にあえて扉を付けないという選択肢もあります。インテリアとの組み合わせ次第では、開放感のあるスタイリッシュな部屋を演出する事が出来るでしょう。ホコリが気になるようであれば、簡易的な扉としてカーテンや仕切りなどを取り付ける事も出来ます。後付けの利便性を考えて、備え付けのカーテンレールは残してリノベーションするのがおすすめです。

クローゼットをリノベーションするときの流れ

クローゼットをリノベーションする際には、まずは複数の業者に見積もりを出してもらうようにしましょう。工事費や材料費は施工業者によって多少のバラつきがある為、2つ以上の業者へ見積もりを依頼して比較する事で費用を抑える事が可能です。

また、費用面だけではなくその業者はリノベーションの実績が豊富であるかも確認しておきましょう。工事に慣れていない業者へ依頼してしまうと、建てつけが悪かったりすぐに破損箇所が出たりなどトラブルの原因にもなり兼ねません。料金と実績、相談した時の印象から総合的に判断して信用出来る業者を選定しましょう。

折れ戸や開き戸へのリノベーションを検討してる場合は特に、クローゼットからベッドやタンスなど大物家具までの距離を測っておく事も大切です。インテリア程度であれば施工後に移動する事も出来ますが、大物家具になると移動も一苦労になります。自分の立ち位置を含めてある程度空間に余裕を持たせ、スムーズにクローゼットを開閉出来るスペースを確保しておきましょう。

施工が終わって新しいクローゼットが出来上がってもそれで終わりではありません。クローゼットはどんな形状であれ構造的に湿気が大敵となります。せっかく新調したクローゼットで衣類にカビが生えてしまわないように、湿気対策のアイテムを用意しておきましょう。効果的に湿気を取り除きたい場合はエコカラットのように広範囲に設置出来るアイテムを、費用を抑えたいのであれば市販の湿気取り製品でも効果を十分に期待出来ます。

クローゼットは日常生活で比較的活用する機会の多い場所なので、利便性にこだわってリノベーションするのがおすすめです。使用にストレスを感じないクローゼット選びには、クローゼットの形状と扉の種類が大きなポイントになります。他にも大物家具との距離や部屋にある荷物、収納する衣類の量などと相談しながら適切なクローゼットに新調しましょう。

中古マンションに興味がある方はこちら

関連記事

おすすめ記事

  1. 多くの方々から質問を頂く、耐震についてお話したいと思います。 既に耐震診断を実施済みのマンショ…
  2. 中古マンションを購入される方々から様々な質問をいただきます。中でも築年数の古い物件の場合は「マンショ…
  3. 東京都の港区や渋谷区等は、土地が限られているため、新築マンション建築戸数が少なく、流通している中古マ…
  4. 中古マンションを購入して室内をリノベーションしたいけれど、リノベーション向きの物件が少なくて、困って…
  5. あなたは、どのようにして家にかける予算を決めていますか? 同僚が○○○○万円くらいの家を買った…

話題をチェック

  1. 2019-11-19

    自宅購入は最高の不動産投資!?

    自信を持って断言できます。 「自宅購入に勝る不動産投資はありません」 この事に気付いている人…
  2. 2019-1-18

    必読!あなた向きなのは、中古マンション購入+リノベーション?リノベーション済み中古マンション購入?

    先日、こんなお問い合わせをいただきました。概要を箇条書にすると、こんな感じです。 →そろそろ4…
  3. 2020-7-19

    中古マンション探しのポイント マンション寿命

    東京都の港区や渋谷区等は、土地が限られているため、新築マンション建築戸数が少なく、流通している中古マ…
中古マンション購入+リノベーションはじめの一歩は知識が豊富なファイナンシャルプランナー探し
ページ上部へ戻る