中古マンション購入の際に、物件の購入額以外に諸費用がかかることはご存知だと思います。

最近は、住宅ローン金利が低いので、物件自体はフルローンで購入し、諸費用のみ自己資金を使うという人が増えています。物件購入+リノベーションを行うなら、その分を住宅ローンにして、諸費用は自己資金を利用する具合です。

さて諸費用の代表的な項目は、
仲介手数料、登記費用、火災保険、銀行保証料です。
大まかですが、購入物件価格の7%~10%くらいが目安と言われています。

※ゼロアパでは、ご案内時に諸費用概算見積りをお渡ししています。

その中でも、銀行保証料についての質問が多いので、簡単に書いてみます。

銀行保証料って何のために支払うの?


こちらの図をご覧ください。
銀行から融資を受けるときに、保証会社が買主・債務者の返済を銀行に対して保証します。その対価を買主・債務者が保証料として支払います。

もし、買主・債務者の返済が滞った場合、保証会社があなたに代わりに銀行に返済をします。

これで銀行は常に守られます。

では、保証料を支払った買主・債務者に何か得があるかって?
残念ながら全く得はありません。

返済が滞って、保証会社が銀行に返済してくれたとしても、請求される先が変わるだけで、保証会社から買主・債務者に請求があります。

銀行保証料っていくらくらいするの?

あくまで目安ですが、100万円を35年借りると2万円程度。
例えば4000万円を35年借りると40倍。つまり80万円程度となります。
期間が短くなると基本的に保証料は下がります。

35年なら、借入額の2.2%程度が目安と覚えるといいでしょう。

覚えておきたい銀行保証料の3つのポイント

1.借入途中で物件を売却し完済すると、保証料が戻ってくるということ。
10年後に売却すると、25年分の保証料から事務手数料が差引かれて戻ってくる。

2.保証料は「一括払い型」と「金利上乗せ型」の2種類選べる。金利上乗せ型は一般的に実行金利0.2%上乗せになる。初期費用をあまり出せない方、出したくない方には選択肢の一つになります。

3.銀行によっては保証料ではなく、融資事務手数料の場合があるということ。融資事務手数料の場合、例え1年で売却・返済したとしても34年分の事務手数料は戻ってきません。

最後に

銀行保証料について、少しでも理解が深まったなら嬉しいです。これらのことを踏まえて、銀行選びを考えてみてくださいね。

一般的な傾向として、ネット系銀行は、保証料ではなく融資事務手数料型が多いようです。
保証料型の都市銀行や地方銀行に比べ、審査承認スピードが遅い傾向があるので、中古マンション購入には不向きです。購入後の借換で利用するのが得策かもしれませんね。

後々に、借換を考えるのなら保証料型の銀行で融資を受けるのが、お得かもしれません。また、5年くらいで売却する可能性が高いのなら、事務手数料型は避けるべきだとも言えます。

小倉俊二郎

小倉俊二郎

投稿者プロフィール

■私の考え方・価値観
居住用・投資物件に限らず、よくお客さまから良い物件があれば、ご紹介頂けますか?とお願いをされます。

そこで私がいつも考えるのは、その方の今後の生活や暮らし方です。
良い物件とは本当に人それぞれですし、タイミングによっても異なります。状況によっては、今はまだ買わないほうが良いことだってあります。

■不動産・投資その他
・2019年 マイホーム購入
・老後の目標不動産収入 月30万円
・株式投資・外貨・積立保険・自宅投資
・住まいは東京都世田谷区
・既婚
・趣味は野球 ※早朝野球チームに入っています
・英語が少し話せます

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 不動産業界に携わって約12年、たくさんのお客様にお会いし、お手伝いをさせて頂きました。 売買・…
  2. 自宅の売却をするにあたって、まずどうすれば良いのか分からないという方もいらっしゃると思います。大まか…
  3. 「あなたの家を買いたい方がいらっしゃいます。」ご自宅に、そんなDMが届いたことはありませんか。 …
  4. 多くの方々から質問を頂く、耐震についてお話したいと思います。 既に耐震診断を実施済みのマンショ…
  5. 中古マンションを購入される方々から様々な質問をいただきます。中でも築年数の古い物件の場合は「マンショ…

話題をチェック

  1. 2021-8-17

    お悩み解決【2世帯住宅 相続相談】

    不動産業界に携わって約12年、たくさんのお客様にお会いし、お手伝いをさせて頂きました。 売買・…
  2. 2019-12-14

    賃貸か持ち家か 人口減少で購入はリスクが高い!?

    これからの日本は人口がどんどん減っていく傾向に。物件も余剰気味で、価格が下がるはずだから、今、家を買…
  3. 2019-1-3

    住宅購入をする際に注意! 「住宅取得等資金の贈与税の非課税」とは?

    住宅を購入する際は、物件の価格に加え、必要となる諸費用について調べるだけでなく、税制や特例についても…
中古マンション購入+リノベーションはじめの一歩は知識が豊富なファイナンシャルプランナー探し
ページ上部へ戻る

相談
無料

中古物件購入のお悩みを解決!!

オンライン個別相談会