中古マンション購入の際に、物件の購入額以外に諸費用がかかることはご存知だと思います。

最近は、住宅ローン金利が低いので、物件自体はフルローンで購入し、諸費用のみ自己資金を使うという人が増えています。物件購入+リノベーションを行うなら、その分を住宅ローンにして、諸費用は自己資金を利用する具合です。

さて諸費用の代表的な項目は、
仲介手数料、登記費用、火災保険、銀行保証料です。
大まかですが、購入物件価格の7%~10%くらいが目安と言われています。

※ゼロアパでは、ご案内時に諸費用概算見積りをお渡ししています。

その中でも、銀行保証料についての質問が多いので、簡単に書いてみます。

銀行保証料って何のために支払うの?


こちらの図をご覧ください。
銀行から融資を受けるときに、保証会社が買主・債務者の返済を銀行に対して保証します。その対価を買主・債務者が保証料として支払います。

もし、買主・債務者の返済が滞った場合、保証会社があなたに代わりに銀行に返済をします。

これで銀行は常に守られます。

では、保証料を支払った買主・債務者に何か得があるかって?
残念ながら全く得はありません。

返済が滞って、保証会社が銀行に返済してくれたとしても、請求される先が変わるだけで、保証会社から買主・債務者に請求があります。

銀行保証料っていくらくらいするの?

あくまで目安ですが、100万円を35年借りると2万円程度。
例えば4000万円を35年借りると40倍。つまり80万円程度となります。
期間が短くなると基本的に保証料は下がります。

35年なら、借入額の2.2%程度が目安と覚えるといいでしょう。

覚えておきたい銀行保証料の3つのポイント

1.借入途中で物件を売却し完済すると、保証料が戻ってくるということ。
10年後に売却すると、25年分の保証料から事務手数料が差引かれて戻ってくる。

2.保証料は「一括払い型」と「金利上乗せ型」の2種類選べる。金利上乗せ型は一般的に実行金利0.2%上乗せになる。初期費用をあまり出せない方、出したくない方には選択肢の一つになります。

3.銀行によっては保証料ではなく、融資事務手数料の場合があるということ。融資事務手数料の場合、例え1年で売却・返済したとしても34年分の事務手数料は戻ってきません。

最後に

銀行保証料について、少しでも理解が深まったなら嬉しいです。これらのことを踏まえて、銀行選びを考えてみてくださいね。

一般的な傾向として、ネット系銀行は、保証料ではなく融資事務手数料型が多いようです。
保証料型の都市銀行や地方銀行に比べ、審査承認スピードが遅い傾向があるので、中古マンション購入には不向きです。購入後の借換で利用するのが得策かもしれませんね。

後々に、借換を考えるのなら保証料型の銀行で融資を受けるのが、お得かもしれません。また、5年くらいで売却する可能性が高いのなら、事務手数料型は避けるべきだとも言えます。

福永夕太

福永夕太専務取締役

投稿者プロフィール

1981年生まれ。2児の父。銀行出身。様々な投資判断を得意とする。自宅は築古マンションをリノベ。その他投資物件を複数保有。マンションの建築年を覚えるのが得意(笑)自宅近くに畑を借りて耕しています。
【保有資格】 ・CPM(米国不動産経営管理士) ・宅地建物取引士 ・ファイナンシャルプランナー(AFP) ・2級ファイナンシャル・プランニング技能士 ・賃貸不動産経営管理士 ・相続アドバイザー

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 不動産の購入においては、ゼロアパでは、「純資産」(Net Asset Value)について 考える…
  2. 先日、10年程前にマンションの購入をお手伝いした方から連絡を頂き、買換えのための売却と購入のお手伝い…
  3. 中古マンションを購入するとき、築年数は何年くらいがおすすめですかと聞かれることがあります。 も…
  4. お客様の中にはある一定の、いわゆる掘出し物と呼ばれるような物件だけをひたすら狙おうとされる方がおられ…
  5. 自信を持って断言できます。 「自宅購入に勝る不動産投資はありません」 この事に気付いている人…

話題をチェック

  1. 2019-2-11

    おしゃれな部屋壁紙がポイント! リノベーションをする際におすすめの壁紙とは

    日本では室内の壁の色は白系の壁紙が主流ですが、せっかくリノベーションをするのなら、思い切って壁に差し…
  2. 2019-1-8

    家賃とローン返済の違いについて考える

    住宅ローンと家賃について比較している記事はよく見かけますが、単に額の差についての説明のものが多いよう…
  3. 2019-2-6

    おすすめの広さは? 女性の一人暮らしにおすすめの間取り

    一人暮しを始める。どんな部屋にしようか、どんな家具を置こうか想像を膨らませている方もいらっしゃるかも…
中古マンション購入+リノベーションはじめの一歩は知識が豊富なファイナンシャルプランナー探し
ページ上部へ戻る