団体信用生命保険とは? 団信の種類と生命保険の見直し方法

住宅ローンを利用する際に、借り入れの条件として加入することが多い団体信用生命保険。そもそも団体信用生命保険とはどのような保険なのか、どんな種類があるのかをご存知でしょうか。さらに、団体信用生命保険に加入する際は一般の生命保険の内容を見直すチャンスでもあります。ここでは、団体信用生命保険について知っておくべきポイントについてお伝えします。

団体信用生命保険とは?

住宅ローンを借り入れる際、フラット35などを除いてほとんどのケースで借り入れの条件の一つとなっているのが団体信用生命保険の加入です。

団体信用生命保険とは、住宅ローンの契約者が死亡または所定の高度障害状態になったとき、以後のローンの残債を保険会社が本人に代わり金融機関に返済するという保険です。ローン契約者に万が一のことが起こった場合、保険会社によって保険金が支払われるため契約者または残された家族による住宅ローンの返済は不要となります。いわば住宅ローン専用の生命保険の一種ともいうことができ、しばしば「団信」と略されます。

団体信用生命保険の支払いは明確な保険料という形を取らず、金利に含まれているケースがほとんどです。そのため保険に加入しているという自覚がない人もいらっしゃいます。

団体信用生命保険の種類と特徴

団体信用生命保険にはいくつか種類があります。以下、代表的なものを特徴とともにご紹介します。

団体信用生命保険(特約なし)付き住宅ローン

通常の特約を付けない団体信用生命保険です。ローン契約者が「死亡または高度障害状態」になったときに、保険会社によって残された住宅ローンが完済されます。

高度障害状態とは病気や怪我によって身体機能が重度に低下している状態です。具体的には視力や言語機能を永久に失ったり、寝たきり状態になったり、手足(2本以上)を動かすことが困難な状態になった場合が含まれます。

がん保障特約付き住宅ローン

上記に加えて、がんと診断されたら残された住宅ローンが完済されます。脳・神経、消化器、肝臓・胆のう・膵臓など対象となるガンの種類や、期間について規定されているので確認しておきましょう。保証の対象となるガンが完治した場合でも住宅ローン残高が返済前の状態に戻ることはないというのが一般的です。金利の上乗せは年0.1%~0.2%程度のケースが多いでしょう。

3大疾病保障特約付き住宅ローン

3大疾病とは、がん、脳卒中、急性心筋梗塞のことです。死亡または高度障害状態に加えて、これらの病気によって所定の状態になったときも残された住宅ローンが完済されます。「所定の状態」は金融機関によって異なります。金利の上乗せは年0.2%~0.3%程度プラスのケースが多いでしょう。

8大疾病保障特約付き住宅ローン

8大疾病とは、がん、脳卒中、急性心筋梗塞に、5疾患と呼ばれる糖尿病、高血圧性疾患、肝硬変、慢性膵炎、慢性腎臓病を加えたものです。これら8大疾病によって所定の状態になった場合も残された住宅ローンが完済されます。金利の上乗せは年0.3%程度のケースが多いでしょう。

団体信用生命保険を契約するときの注意点

団体信用生命保険は生命保険の一種なので、加入の際は健康状態を告知する必要があります。一般の生命保険と比べると告知の項目は少ないものの、健康状態に問題があれば団体信用生命保険に加入できないことがあります。その場合、住宅ローンの借り入れができない可能性があるので注意が必要です。ただし、救済措置として、引受条件が緩やかな「ワイド団信」を利用する方法も残されています。

また、高度障害状態として認められない病気や怪我、特約を付けたとしても3大疾病や8大疾病に該当しない病気などによって長期に仕事ができない状態になった場合は、団体信用生命保険は適用されません。この保険が万能ではないことも理解しておきましょう。

団体信用生命保険契約時は生命保険を見直すチャンス!

もともと一般的な生命保険に加入している場合は、保障内容が重なっているかもしれません。具体的には、一般の生命保険の必要保障額の中に住居費が含まれている可能性があります。万一のときにより多くの補償を得るという考え方もありますが、団体信用生命保険によって住宅ローンの完済が行われるのであれば、毎月支払っているその分の保険料は削ってもいいことになります。

保険料の支払い負担を減らしたい場合は、生命保険の内容を見直してみましょう。どんな保険に入っているかにもよりますが、保険料を月額1万円程度削減できる可能性もあります。

住宅ローンと密接な関係がある団体信用生命保険は、多くの人が加入する、あるいはすでに加入している可能性の高い生命保険です。団体信用生命保険の加入の有無によって、一般の生命保険の契約内容も見直すべきかもしれません。今後、住宅ローンを利用する予定がある人、すでに住宅ローンを利用している人は、団体信用生命保険について改めてよく確認してみることをおすすめします。

中古マンションに興味がある方はこちら

関連記事

おすすめ記事

  1. 金融庁が「人生100年とも言われる長寿社会の時代に向けて、どのように個人個人が資産を蓄えるか。」とい…
  2. 初めまして。この筆者である「私」です。一人暮らしの女性の一人である私が、一念発起してマンションを購入…
  3. 中古マンション(中古戸建もそうですが)を住宅ローンを利用して購入を考えている方の誰しも一度は頭金の額…
  4. とある中古マンション。その外観や間取り、内装も気に入りました。予算もぴったり。さあこの物件に決めよう…
  5. 住宅ローンを利用する際に、借り入れの条件として加入することが多い団体信用生命保険。そもそも団体信用生…

話題をチェック

  1. 2019-2-11

    おしゃれな部屋壁紙がポイント! リノベーションをする際におすすめの壁紙とは

    日本では室内の壁の色は白系の壁紙が主流ですが、せっかくリノベーションをするのなら、思い切って壁に差し…
  2. 2019-1-23

    マイホーム購入時にありがち! 夫婦での意見の対立の理由と円満のコツ

    いざマイホームを購入という段階になり、夫婦間でお互いの希望や住宅ローンのことなど意見を交わしていくと…
  3. 2019-1-3

    住宅購入をする際に注意! 「住宅取得等資金の贈与税の非課税」とは?

    住宅を購入する際は、物件の価格に加え、必要となる諸費用について調べるだけでなく、税制や特例についても…
中古マンション購入+リノベーションはじめの一歩は知識が豊富なファイナンシャルプランナー探し
ページ上部へ戻る