老後が不安……40代単身女性の老後資金の考え方

昔と違い、女性でも仕事においてキャリアを積むことができる時代になってきました。また、生き方の選択肢も自由になり、結婚を優先しないというライフスタイルを選択する方も多く見受けられます。とはいえ、将来のことを考えると、このまま一人では生きることに不安に感じることもあるでしょう。今回は、老後に必要となる資金の目安について詳しく解説していきます。

40代単身女性の平均貯金額は?

総務省では、全国消費実態調査というものを行っており、それぞれの世帯でどのような経済状況かを把握しています。その中の、平成26年度に行った調査から、40代女性の平均年収額が394万円になることが分かりました。そして、40代単身女性の場合の平均貯金額が959万円とされていますが、これは収入が多い人が多ければ平均値が上がってしまいますので、あまり参考にすることはできないでしょう。

大切なのは、中央値と呼ばれるものです。当然ながら、貯金額の少ない人もいれば多い人もいます。そこで、真ん中の値を抜き出した値が中央値です。この中央値によると、40代単身女性の貯金額は600万円前後とされているのです。

もちろん、すべての40代単身女性が数百万の貯金があるわけではありません。考え方は人それぞれ。中には先のことなど考えていないという人もいます。今熱中していることにお金をかける方、自分への先行投資に使う方など。貯金額はその人の働き方や考え方に大きく左右される部分ですので、一概には言えないこともあります。
そして、また、年収によっても前後しますが、このまま単身かもしれないという気持ちや、将来の自分に対して意識を向ける機会が増えることで若い頃よりは、貯蓄をすることに重点をおくという考えが徐々に増える世代でもあります。少なくとも400万円~500万円前後の貯金額は無いと不安になってしまうかもしれません。

40代単身女性に必要な老後資金の目安

単身のまま老後を迎えるにあたってまず考えておかなければならないことは、一ヵ月に使う生活費がどれぐらいかかるのかという点です。

例えば、60歳で単身女性の場合、一ヵ月に使用する生活費はおおよそ15万6千円と言われています。現在の女性の平均寿命は89歳ぐらいなので、あと29年生活するとすれば、総額で5,400万円が必要とされているのです。もちろん、全ての金額を若い頃から貯めておけるわけはなく、年金制度や退職金制度などを考慮すればそこまでの資金は必要ないかもしれません。ただし、現在は65歳から可能になっている年金の受給ですが、今後はその開始年齢が70歳以上からになる可能性も出てきました。そうなると、年金だけに頼る生活は今以上に簡単ではなくなるでしょう。

そこで大切になってくるのが、老後資金をどのように貯めていくのかという点です。老後もファッションやレジャーを楽しみたいという女性の場合は上記の金額にプラス5万円ぐらいは必要と考えておきましょう。

月額15万6千円にプラス5万円すると約20万円以上のお金が必要ということになります。年金を受給したとして、厚生年金をかけてきた場合に貰える月の平均年金額は約10万8千円となります。これだけでは、月の生活費すら賄うことができないのです。また、かけてきた年金の種類によっても需給金額は異なる為、あくまでも平均値として考えておいてください。

一般的には、年金や退職金などを差し引いて、最低でも2,000万円以上の老後資金があることがベストとされています。もしも持家ではない場合や住宅ローンの支払いが残っている場合では4,000万円以上は用意しておきたいところです。

40代単身女性に必要な老後資金の確保方法

上記で説明した老後資金の目安を見て、老後資金が思っている以上に必要だと感じた人もいるでしょう。このままでは生活すらできないと不安になった人もいるかもしれません。しかし、色々な方法を駆使すれば今からでも間に合わせることができます。老後資金の確保の方法について詳しく見ていきましょう。

現在の収支状況を見直す

まず、一番先にしておいてもらいたいのが、現在の収支状況をしっかり見直すことです。贅沢をしている実感がなくても無駄なものというのはあるものです。収支状況の見直しを定期的にしていくことで、無駄になっているものを発見し、その部分を貯蓄に回すことができるようになります。

不要な保険がないかどうかを見直す

また、よくあるのが、若い時に保険に加入してそのままになってしまっているケースです。そのような保険がないかどうかを一度見直し、現在のニーズにより合ったものへと変更するようにしましょう。

不動産投資や自宅を購入する

不動産投資などの投資を行うのも貯蓄額を増やす上では有効です。もし、賃貸物件に住んでいるのであれば、自宅を購入するのもひとつの手段でしょう。賃貸住宅は財産として残るものではないので、住宅を購入することで、資産を運用をするひとつの手段として必要な要素となります。家賃として払い続けるぐらいなら、住宅ローンで元金を払っていった方が将来的にもお得かもしれません。

もし今後どうしたらいいのか良いかわからない場合には……

40代になると将来に対して不安を抱える方は少なくありません。今のままで本当に老後は大丈夫なのだろうかと思うこともあるでしょう。まずは自分のライフプランニングを見つめ直してみることが大切です。

ライフプランニングとは、人生の計画表のことです。40代になった今だからこそ、改めて、ライフプランニングを見直し、これからの将来に向けて考え方を確固とする必要があるのです。
将来の事はもちろん大切ですが、加えて、今を楽しむこともとても大切なことです。今をより安心なものにし、心から人生を楽しむためにもライフプランニングは大切な作業なのです。

自分一人ではライフプランニングは立てにくいこともあります。そんな時はゼロアパが力になります。プロの力を借りて、客観的立場から、今一度ご自分の人生を見つめてみませんか。ゼロアパに是非一度お問合せください。

中古マンションに興味がある方はこちら

ライフプランニングって何?
中古マンションの検索はこちら
物件のリクエストについてはこちら
ご相談・お問い合わせはこちら
中古リノベーションを始めるにあたっての基礎知識はこちら

関連記事

おすすめ記事

  1. 不動産の購入においては、ゼロアパでは、「純資産」(Net Asset Value)について 考える…
  2. 先日、10年程前にマンションの購入をお手伝いした方から連絡を頂き、買換えのための売却と購入のお手伝い…
  3. 中古マンションを購入するとき、築年数は何年くらいがおすすめですかと聞かれることがあります。 も…
  4. お客様の中にはある一定の、いわゆる掘出し物と呼ばれるような物件だけをひたすら狙おうとされる方がおられ…
  5. 自信を持って断言できます。 「自宅購入に勝る不動産投資はありません」 この事に気付いている人…

話題をチェック

  1. 2019-1-8

    家賃とローン返済の違いについて考える

    住宅ローンと家賃について比較している記事はよく見かけますが、単に額の差についての説明のものが多いよう…
  2. 2019-1-18

    必読!あなた向きなのは、中古マンション購入+リノベーション?リノベーション済み中古マンション購入?

    先日、こんなお問い合わせをいただきました。概要を箇条書にすると、こんな感じです。 →そろそろ4…
  3. 2019-1-23

    マイホーム購入時にありがち! 夫婦での意見の対立の理由と円満のコツ

    いざマイホームを購入という段階になり、夫婦間でお互いの希望や住宅ローンのことなど意見を交わしていくと…
中古マンション購入+リノベーションはじめの一歩は知識が豊富なファイナンシャルプランナー探し
ページ上部へ戻る