住宅を購入する際にファイナンシャルプランナー(FP)に相談するメリット

多くの人にとって住宅を購入することは人生に一度あるかないかという大きな買い物です。それだけに、なるべく多面的な角度から購入物件を検討をした方がよいのですが、身近に不動産売買の専門家がいるケースはそれほどありません。住宅を購入しようと思い立ったら、相談すべき相手について考えていくことにしましょう。

住宅購入時には誰に相談するのがいいのでしょうか?

まず、住宅購入時に注意を払うことのひとつとして、組むべき住宅ローンの今後の返済プランに問題がないかどうかということです。

特に、一人暮らしの女性や子供のいない共働き世代は、今まで通りの生活がずっと続くというよりは、将来的に「結婚をする」あるいは「子供が生まれる」というような大きな転換期を迎えるであろうことが考えられます。
それにより住宅購入時に想定していた家計のキャッシュフローが大きく変わることも優にあり得ることなので、より慎重に検討する必要があります。とは言え、これはかなり専門的な知識も必要となるので、一人、あるいは、夫婦だけで考えても難しい部分もあります。返済プランや、得策などを考えるためには、専門的な知識を持ち合わせている人が身近にいればよいのですが、そうそういるものではありませんし、もし、そのような人がいたとしても、かえって身近過ぎて、相談するのが躊躇われることもあります。そのような時、相談できる相手となるのがファイナンシャルプランナーです。

ファイナンシャルプランナーとは、略してFPと呼ばれますが、住宅ローンや税金、年金など個人が生涯において利用することになるであろうお金に関する幅広い知識を有しており、それをもとに一人ひとりに適したライフプランニングを提案する専門家なのです。

住宅ローンの返済プランを考えるには、今後自分の人生をどうするのか、どうなるのか、というようなライフプランニングを行うことが必要ではないでしょうか。自分だけで検討することに自信が持てないという場合はもちろんのこと、プロならではの知識と客観的な意見を知るためにも積極的にFPに相談するとよいでしょう。不動産会社に相談すればよいのではという人もいますが、不動産会社の中にはただただ、住宅が売れればよいと考えている会社もあるので、気を付けてください。なるべくなら客観的な意見を求めるという意味ではFPもしくはFPのいる不動産会社に相談することをお勧めいたします。

住宅購入時や事前にFPに相談するメリット

重ねて申しますが、住宅を購入するということは大きな支出を伴う行為です。そのため、それに見合うだけの資産が確保できることかどうかを把握する必要があります。

ただし、購入時点の資産価値は自分でも把握することができますが、そこから数十年に渡り、果たしてその物件がどのように変化するかを想像することは決して容易なことではありません。

今後の資産についてFPに相談するとします。FPは、現在の給与水準をもとに将来の収入の状況を予想し、毎年の想定支出と比較を試算します。そのうえで、今後の資産の上がり下がりを分かりやすく一覧にしてくれます。そうすることにより、現在購入しようとしている物件の住宅ローン返済プランに問題がないか把握できるようになるという訳です。

また、二つ目のメリットとして、FPは金融商品についても専門的な知識を習得しているので、複雑、かつ煩雑で簡単には理解しがたい住宅ローンについても、どのような商品が自分に合っているのかをしっかりと見極めて提案してもらえるということがあります。

もちろん、自分で勉強して住宅ローンを選ぶということは不可能ではありません。しかし、固定金利と変動金利の違いの理解や、ローンに付帯する団体信用保険をはじめ、そのほか各種保険の中で、どのようなものが必要なのかなどを正確に把握することは決して容易なことではありません。その点、FPの力を借りれば、自分に足りない知識を彼らの持つ知識とそれを生かす知恵により補うことができるのです。

住宅購入時や事前にFPへ相談する場合のFPの選び方

FPに相談することにはメリットがあるといっても、巷には数多くのFPが存在しており、そのクオリティは残念ながら決して一律ではありません。そこで、いかにして信頼できるFPを選ぶのかが重要となります。日本国内では最低限、国家資格を取得した者がFPの資格があり、それを名乗ることが許されています。まずはそれを確認してください。

何よりも参考になるのは実際にそのFPに相談したことのある方の生の声です。
また、評判に加えて、そのFPがどのような相談に対応しているのかを確認することも重要です。ライフプランニングには詳しくても、住宅ローンは苦手というようなFPも中には存在しますし、得意分野がはっきりしているFPもいます。住宅を購入するに場合に生じるであろうことをすべて相談するためには、一通りの経験したことがあるというFPを見極めることが必要です。評判と経験をチェックすることによって信頼できるFPを選ぶとよいでしょう。

以上で述べたように、住宅の購入時には不動産会社だけでなく、FPにも相談し、住宅購入をすることがお勧めです。この点、FPが在籍している不動産会社に相談すれば、相談先を別々に探すという手間を省くことができます。ゼロアパでは宅建士の資格の他に、FPの資格を取得しているスタッフがおりますので自分でFPを見極めるのが難しいという場合には、ぜひ一度ゼロアパに相談してください。

中古マンションに興味がある方はこちら

ライフプランニングって何?
中古マンションの検索はこちら
物件のリクエストについてはこちら
ご相談・お問い合わせはこちら
中古リノベーションを始めるにあたっての基礎知識はこちら

関連記事

おすすめ記事

  1. 中古マンションを購入して室内をリノベーションしたいけれど、リノベーション向きの物件が少なくて、困って…
  2. あなたは、どのようにして家にかける予算を決めていますか? 同僚が○○○○万円くらいの家を買った…
  3. マンションを購入する際に予め目を通すことをお勧めしたい書類が「重要事項に係る調査報告書」です…
  4. 「中古マンションは、管理の良い物件を買え」「マンションの管理=マンション寿命」「管理体制の良い物件=…
  5. これからの日本は人口がどんどん減っていく傾向に。物件も余剰気味で、価格が下がるはずだから、今、家を買…

話題をチェック

  1. 2019-12-24

    中古マンション購入術 長期修繕計画書編

    「中古マンションは、管理の良い物件を買え」「マンションの管理=マンション寿命」「管理体制の良い物件=…
  2. 2018-11-24

    事前に把握しよう。リノベーション前の資金計画の立て方

    リノベーションを実施する前に確実に資金計画を立てることが重要です。毎月のローン返済額がいくらになるの…
  3. 2019-2-8

    リノベーションをする人必見! リノベーションに使う床材の種類

    リノベーションをしようと決めたら、まずはどういったテイストの空間にしたいのかを考えるはずです。そこで…
中古マンション購入+リノベーションはじめの一歩は知識が豊富なファイナンシャルプランナー探し
ページ上部へ戻る