女性一人暮らしの方必見! 治安のよい街の見極め方

賃貸や分譲など住宅の形態に関わらず、女性が一人暮らしをする場合、不安に思う部分があるのではないでしょうか。物件選びは慎重にといいますが、なかなか何度も新居候補地に足を運んだりするのも大変です。そこで、今回は女性が一人暮らしをする場合に不安になる要素である「治安はどうなのか」という部分を見極めるためのポイントを調べてみました。

治安や環境の良い街の見極め方のポイント

女性の一人暮らしというと、一番に治安や周囲の環境が気になる方も多いのではないでしょうか。この章では、治安に関係するポイントをいくつか挙げて、そこからどう判断できるか、という事を考えたいと思います。

街に放置自転車が多くないかどうか

まずは放置自転車の有無です。放置自転車にもいくつかあり、「乗り捨ててあるもの」と「駅や周辺施設の利用者の一時的な放置」があります。

基本的には、各自治体でも頭の痛い問題で、それぞれ対応策を出しています。しかし、街のいたるところに持ち主のいないような放置自転車がある場合は、自治体として、街を維持する機能が発揮されていない可能性もあるため、治安に関しても悪いイメージを持ってしまいます。内覧や下見などの時に、街の放置自転車の様子をチェックしてみるといいかもしれません。

風俗店や居酒屋、パチンコ店などが多くないかどうか

風俗店などは、主に繁華街や特定の地域に固まっている印象ですが、駅の両側で街の印象がガラッと変わる場所もありますので注意が必要です。風俗店があると、それに伴いどうしても色々な人が街に来ますので、それだけで女性の一人暮らしに関してはリスクとなるでしょう。

パチンコ店も同じように、色々な方が集まる場所なので、リスクになり得ます。ただし、居酒屋やパチンコ店に関しては、駅前にあるのが当然というところも少なくありません。それだけ浸透しており、風俗店などに比べると法律的な規制も緩やかです。あまり神経質になりすぎず、ご自身の判断基準で周囲環境を決めても問題ないところではあります。

犯罪発生率は高くないかどうか

治安を考える上で、犯罪などの観点はとても重要な要素です。加えて、犯罪発生率とは無縁の場所においても、物件の近所に交番や警察署があるかどうかをチェックするのも大事なことです。できればご自分の方からリスクに近づくようなことは避けるべきです。犯罪に関する情報はインターネット上でも確認できるので、部屋を探す際に、下調べの項目に必ず入れることをお勧めします。ネット上の情報などであまり芳しくないものが多々ある街は避けるほうが得策でしょう。

駅から物件まで危ない箇所がないかどうか

物件から駅までの毎日使う道に危険な場所がないかどうか、という事も重要です。たとえば、壊れたままのフェンスや、ガードレール、工事が中断して久しい工事現場など、怪我や犯罪に巻き込まれる可能性があるような場所がないか事前にチェックしておくといいでしょう。そういった場所を避けることで、犯罪などに巻き込まれる危険性を出来得る限り低くすることができます。

また、昼間だけでなく夜にも駅から物件まで歩いてみると、暗さや街の雰囲気を感じることが出来ると思います。街灯や人通りなど夜間は昼間と様子が一変することもあるので前もってしっかりとチェックするべきことです。

治安に対するリスクを減らす住宅選びに適した場所は

ここまで、治安や周囲の環境で気になる場所を見てきましたが、ここからは実際に一人暮らしに適した場所について考えていきましょう。

施設の充実した住宅地

治安のよい場所の目安のひとつは、閑静な住宅街であることです。住んでいる人が多い場所であることは、すなわち安全に暮らすことができる可能性が高いと言えます。そのうえで、暮すために必要な商業施設、行政機関、病院、銀行、郵便局などが程よい距離感で存在していると便利です。一人暮しの場合は何から何までご自分でしなければいけません。転居の際は役所関係の手続きなど雑多なことは来るだけ合理的、かつ迅速に済ませられる方がよいですし、急に病気になってしまったときなどは、医療機関が徒歩圏内にあると安心でしょう。
また、例えば、今では日常生活からは切り離せないスマートフォンの故障などご自身にとって、想定外の緊急事態が生じたときなども、空いた時間の中でスヌーズに対処ができる方が助かります。些細なことかもしれませんが、安心して暮すためには必要なことだと思います。

教育機関がある周辺

治安面のリスクを避けるのであれば、幼稚園や小中学校などが近くにある物件を検討してみるのはいかがでしょうか。学校周辺には子供たちに悪影響を与えると思われる施設が建つ可能性が少ないので、その分治安は良いと言えるでしょう。また、教育機関などの施設が多い場所は教育的、あるいは文化的な活動にも積極的で、自然と地域社会の健全な繋がりが強くなり、それが延いては街の安全に関与していく一因になります。子供の声は苦手。などという方でなければ、教育機関のある街も物件選びの視野に入れてみてください。

暮らしやすい、住みやすいという感じ方は個人個人で違うものです。ご自身が一人暮らしをされる場合に、何を一番重点に置きたいのかをご自身がきちんと把握されることは肝心です。

女性が一人暮らしをする場合、治安以外に気を付けたいこと

女性がひとり暮らしをする場合、ベランダなどが外からなるべく見えない物件を選ぶようにしましょう。外に干してある洗濯物であったり、カーテンの柄であったり、女性が一人で住んでいるという事が外からでも一目でわかるような状態は防犯上よくありません。治安や周囲の環境を考える事も大事ですが、防犯を考え、ご自分から犯罪のリスクをに遠ざけるよう努力する事も大切です。

まずは、なるべく治安のいい街を選ぶことです。しかし、悪いことを考える人間というのはどこにでもいるものです。それを理解したうえでご自分が出来る事は何でしょう。例えば、オートロックの物件を選ぶことであったり、1階には住まないという事であったり、カメラや防犯上の対策をしている物件を選ぶなど、治安向上のための防犯対策を意識することが大事になってきます。物件選びの時は、その物件のある街の治安も考えて選ぶようにしましょう。

中古マンションに興味がある方はこちら

関連記事

おすすめ記事

  1. マンションを購入する際に予め目を通すことをお勧めしたい書類が「重要事項に係る調査報告書」です…
  2. 「中古マンションは、管理の良い物件を買え」「マンションの管理=マンション寿命」「管理体制の良い物件=…
  3. これからの日本は人口がどんどん減っていく傾向に。物件も余剰気味で、価格が下がるはずだから、今、家を買…
  4. 不動産の購入においては、ゼロアパでは、「純資産」(Net Asset Value)について 考える…
  5. 先日、10年程前にマンションの購入をお手伝いした方から連絡を頂き、買換えのための売却と購入のお手伝い…

話題をチェック

  1. 2018-11-24

    事前に把握しよう。リノベーション前の資金計画の立て方

    リノベーションを実施する前に確実に資金計画を立てることが重要です。毎月のローン返済額がいくらになるの…
  2. 2019-1-18

    必読!あなた向きなのは、中古マンション購入+リノベーション?リノベーション済み中古マンション購入?

    先日、こんなお問い合わせをいただきました。概要を箇条書にすると、こんな感じです。 →そろそろ4…
  3. 2019-1-23

    マイホーム購入時にありがち! 夫婦での意見の対立の理由と円満のコツ

    いざマイホームを購入という段階になり、夫婦間でお互いの希望や住宅ローンのことなど意見を交わしていくと…
中古マンション購入+リノベーションはじめの一歩は知識が豊富なファイナンシャルプランナー探し
ページ上部へ戻る