共働き夫婦やDINKs必見! 家事が楽になる間取りとは?

共働き夫婦やDINKsなどは仕事が忙しく、できるだけ家事をはじめ家の中の様々なことなどに時間をかけたくないという人も多いと思います。便利な家電などを使うのもひとつの方法ですが、家事動線を意識した間取りに変更することで無駄な時間を省くことができますし、設備を新しくすることで効率を上げることが可能です。ここでは、家事が楽になる間取りについて詳しく説明していきます。

共働き夫婦やDINKsほど家事が楽になる間取りにしたほうが良い理由

子どもがいるいないに関わらず、夫婦共働きが普通になっている昨今、効率化できる家事があればそれは、徹底的に効率化したいと思うのが当たり前でしょう。

特に、共働き夫婦やDINKsの場合は、二人ともがフルタイムで働いている場合が多いため、平日に家事をこなす時間があまりなく、週末や休みの日に家事をまとめて片付ける場合が多いでのではないしょうか。仕事が忙しい中で、いかに効率的に家事を行うのかは、食洗機や自動掃除機ロボットなどを選択するほか、例えば、ご自宅を家事がスムーズに出来るように間取りを変更するというのも一考です。

共働きやDINKs必見! 家事が楽になる間取りや設備

では、具体的にどういった間取りであれば家事がしやすくなるのでしょうか。

キッチンは正三角形の動線になるように設置

キッチンは「正三角形」の動線にするとよいと言われています。具体的に説明すると、シンク、ガスコンロ、そして冷蔵庫の配置が正三角形になるようにすることが理想的です。この動線だと、動きやすく疲れにくいという説に基づいています。ただし、いくら正三角形に配置したとしても、それぞれの距離が離れすぎていては移動がしづらくなってしまいます。そのため、距離としては、それぞれ大体2~3歩ぐらいで行き来ができると良いと考えられているようです。

水周りはなるべく近くに集約する

2つ目は、「水回りはなるべく近くに集約する」ということです。ここで言う水回りとは浴室、洗面室、トイレを指します。

水回りはいつも清潔にしていたい箇所ですが、それぞれが離れているとどいしても掃除に手間がかかってしまいます。そのため、水回りをなるべく近くに配置し、コンパクトにすることで、掃除がしやすくなり、清潔な空間を保ちやすくなります。

また、水周りを集約する利点のもうひとつの理由として、水回りをまとめることで、排水関係の設備を一か所にまとめることができることにつながります。排水関係を集約することで、無駄な分岐が不要となり、効率的になると同時に、水周りに関するトラブルが起きにくくなるというメリットがあります。

もしも、寝室周辺に排水関係の設備がある場合、排水の音が気になって眠れなくなってしまうこともあります。夜間には特に排水の音は気になります。特に、共働きやDINKsの場合には、夜に洗濯機を回さなければならないことも多いので、くつろぎの場所から離れた場所に水回りの設備をまとめる方が良いでしょう。

洗濯機の設置場所と干す場所はなるべく密着させる

3つ目として「洗い場と干し場は密着させる」ことです。戸建ての住宅の場合は、洗濯機から引き揚げた洗濯物を、階段を上がった別の階まで持って行って干さなければならない物件なども存在します。実際、これはかなり効率が悪くなります。出来得ることならば、洗濯が終わったら、すぐに近くに干せる環境であれば、家事はずっと楽になるでしょう。さらにできれば、乾いた洗濯物をしまう収納場所もより近ければ、より効率的に家事が行えます。このように、ひとつの家事を行うために生じる前後の作業がスムーズに連動していることで、家事動線を最短にし、効率的な環境となるわけです。

もし上記のような間取りの家が見つからない場合には……

この上記のような3つを満たす間取りの家が見つかれば、家事にかける時間を短くできるでしょう。とは言え、家選びの条件は間取りだけではないので、すべてを満たす家というのは、なかなか見つからないものです。

引っ越しをしたい、またはより良い家で暮らしたいけれど、自分たちが理想的と考える間取りの家が見つからないという場合には、自分たちで好きな間取りの家を作ってしまおうというのもひとつのより良い解決策といえます。その場合は、中古のマンションを購入し、リノベーションをすることも視野に入れてマンション探しをすると、立地や金額などその他の条件で物件を選ぶことができるようになりますから、選択肢もぐんと広がるでしょう。

私たちゼロアパは、毎日を忙しく過ごしている共働きやDINKs夫婦にこそ、煩雑な家事から解放されてほしいと考えています。家事に時間をかけるよりも、自分たちの時間を楽しんで、明日への活力を得てください。

そのためにも、ぜひ家の中での動線を考慮して、家事を楽にするよう工夫してみてください。もし希望の間取りの物件が無い場合には、FPを擁するゼロアパがリノベーションプランからライフプランまで総合的にお手伝いをさせていただきます。お気軽にお問い合わせください。

中古マンションに興味がある方はこちら

ライフプランニングって何?
中古マンションの検索はこちら
物件のリクエストについてはこちら
ご相談・お問い合わせはこちら
中古リノベーションを始めるにあたっての基礎知識はこちら

関連記事

おすすめ記事

  1. お客様の中にはある一定の、いわゆる掘出し物と呼ばれるような物件だけをひたすら狙おうとされる方がおられ…
  2. 自信を持って断言できます。 「自宅購入に勝る不動産投資はありません」 この事に気付いている人…
  3. 中古マンション購入の際に、物件の購入額以外に諸費用がかかることはご存知だと思います。 最近は、…
  4. 令和元年5月に私は自宅としてリノベーション済み中古マンションを買いました。 首都圏の不動産価格…
  5. 「賃貸vs購入」不動産ポータルサイトや雑誌では年に数回記事になるこの話題。 毎月の賃料と住宅ローン…

話題をチェック

  1. 2019-2-8

    不動産売却時に知っておくべき媒介契約の種類と違い

    不動産を売却するとき、仲介を依頼する不動産会社と結ぶ契約を「媒介契約」と呼びます。媒介契約には3つの…
  2. 2019-2-6

    おすすめの広さは? 女性の一人暮らしにおすすめの間取り

    一人暮しを始める。どんな部屋にしようか、どんな家具を置こうか想像を膨らませている方もいらっしゃるかも…
  3. 2019-1-28

    魅力ばかりだけではない? タワーマンションのメリットとデメリット

    「タワーマンションに住むのはお金持ちの特権」と思われがちですが、実は平均的な世帯年収の人たちでも手が…
中古マンション購入+リノベーションはじめの一歩は知識が豊富なファイナンシャルプランナー探し
ページ上部へ戻る